狭山湖と多摩湖観光|湖畔の堤防からの眺めは風景画みたい【埼玉・所沢&入間市】

風景画のような多摩湖の眺め

2019年4月11日(木)、埼玉県所沢市・入間市にまたがる狭山湖と、東京都東大和市にある多摩湖を散策してきた。「観光名所」かと言われると、そこまででは…という気もするが、風景画のような綺麗な景色ではあった。現地の様子をレポートする。

また、狭山湖と多摩湖周辺を散歩するだけでは間が持たないと思われるため、合わせて訪ねたい周辺スポットについても解説する。

狭山湖と多摩湖観光。湖畔の堤防からの眺めは、風景画みたい【概要】

狭山湖・多摩湖ともに桜の名所として紹介されることが多い人造の湖だ。しかし、今回まだ桜が残る時期に散策したところ、少なくとも駅から徒歩で行ける範囲に限って言えば、桜の「名所」と言われると疑問に感じてしまった。そこまで目に付く桜の本数が多い訳でもないからだ。

もちろん、広大な湖であるから、周囲に植わっている桜の総数としては相当な数なのだろう。だが、「湖の周りが全体的に桜色」という景観を期待して訪れるとガッカリするかもしれない。

個人的には、狭山湖と多摩湖はお花見スポットというよりも、4・5月の初夏、新緑の頃に来て、堤防からの眺めを楽しむスポットという印象だ。ただし、夏は夏でも、初夏の時期がベストシーズンだろう。当然ながら湖畔の堤防は直射日光を遮るものが何も無い。真夏の日差しに散策しては熱中症になってしまいそうなスポットだ。

初夏の爽やかな風に吹かれながら、まっすぐ伸びた堤防から湖を見てみる。すると、広い空を背景に湖がきらめき、どこか洒落た感じの取水塔がそっと佇む。まるで風景画だ。

狭山湖と山口貯水池第一取水塔

しかし、いくら風景画のような美しさがあるからといって、特に長時間滞在するような場所でもない。例えば、恋人同士が近くの西武園遊園地デートのついでに語らいながらちょっくら散策、というくらいが丁度良い。多摩湖・狭山湖を主目的に遠路はるばる散策しにくると、肩透かしを食う可能性がある。

多摩湖・狭山湖観光の様子をもっと詳しく!

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

狭山湖へのアクセスにはレオライナーが面白い

本題に入る。まず注目したいのは、狭山湖の最寄り駅である西武球場前へのアクセス方法である。西武球場前に行くには、西武狭山線と西武山口線のどちらかを利用することになる。このうち、レオライナーの愛称で呼ばれる西武山口線は通常の鉄道とは異なるのだ。

レオライナー外観

このように、線路が普通の道路のような見た目なのだ。鉄の車輪ではなく、ゴムタイヤで走行するというから、さながら“電車風バス”だ。

レオライナーの軌道

車窓からはゴルフ場も見える。

レオライナーの車窓からの眺め

終点の西武球場前を降りると、目の前に西武ドームがある。

西武ドーム

狭山不動尊を通り抜けて狭山湖を目指す

駅の前の通りを渡り左へ進むと、程なく狭山不動尊に到着する。実は、この狭山不動尊は狭山湖へ通り抜けが出来る。

狭山不動尊の入り口

西武グループが1975年に建立した比較的新しい寺で、西武ライオンズが必勝祈願を行う寺だそうだ。お寺というと、何とか上人が大昔に創建して~というイメージが強いが、「西武グループが建立」とは、個人的にはインパクトが強い。

狭山不動尊の階段

なるほど、階段を上ると真正面に西武ドームが見える。勝利のご利益がありそうだ。

狭山不動尊から眺める西武ドーム

境内にはバラエティに富んだお堂が沢山あるので、ゆっくり見て回るのも良いかもしれない。

丘の上に立つ小さなお堂
大きなお堂
中国にありそうな形のお堂

ただ、今回の目的は狭山湖である。足早に灯篭が立ち並ぶ道を抜けて、桜井門よりお寺を出る。なお、お寺の入り口には案内図がある。迷わないように事前にチェックしておくと良い。

左右に灯篭が沢山並ぶ道

狭山自然公園から狭山湖をのぞむ

お寺を出て300mほど進めば、埼玉県立狭山自然公園に到着する。まっすぐ伸びた堤防に、何も遮るもののない空。心地良い。

狭山湖のまっすぐ伸びた堤防

広々とした人造湖は、海のように広い。左手に見えるのは、山口貯水池第一取水塔だ。狭山湖というのは通称であって、正式には山口貯水池という。そして、この取水塔は文字通り「水を取って」浄水場へと送るための施設だそうだ。三角形の帽子のような屋根が、どこか洒落ている。

狭山湖と山口貯水池第一取水塔

湖の反対側は狭山湖運動場、さらに奥には所沢の街並みが広がる。

狭山湖運動場と所沢の街並み

なるほど、桜は咲いているが、チョロチョロという程度。

狭山湖堤防付近の桜

湖畔には東屋があるので、お弁当を食べたら気持ちよさそうだ。

狭山湖湖畔の東屋

多摩湖自転車歩行者道を歩いて多摩湖へ【途中で飽きた…】

狭山湖を後にして、お隣の多摩湖の堤防へと向かう。とある書籍で、散策コースとして紹介されていたからだ。

確かに、狭山湖から多摩湖へと至る道は、新緑に触れられるコースではある。

多摩湖付近の新緑

しかし、個人的には無理して歩いて行く必要はなく、先に紹介した西武山口線を利用して西武遊園地駅で下車すれば十分だと思う。

まず、多摩湖沿いの道を歩くにも関わらず、コースの後半になるまで肝心の湖が見えない。

多摩湖を目指して歩く道

湖と道の間に大きな雑木林が広がっているため、完全に湖を隠してしまっているのだ。

多摩湖沿いの雑木林

更に、およそ2kmにわたり歩けど歩けど似たような風景が続き、隣は車道なので静けさも期待できず、途中で飽きてくる。

多摩湖沿いの自転車道の隣を走る車道

極めつけが、途中にトイレやベンチが一切ない。考えてみればここはもともと自転車道(徒歩通行は可能)。サイクリングでビューンと通り抜けるには気持ちの良い道なのだろうが、徒歩には向かない。ということで、狭山湖と多摩湖の両方の堤防を見学する際には、大人しく鉄道を利用することをオススメする。

さて、都立狭山公園が近づくと、ようやく多摩湖が見えてきた。

ようやく見えた多摩湖

狭山公園から多摩湖をのぞむ【多摩湖公園に改称したら?】

狭山公園に到着。多摩湖に面しているが、こちらは「都立狭山公園」という。先ほどの狭山湖に面した公園は、「県立狭山自然公園」。ややこしい。

狭山公園の入り口

桜はある。が、思ったほどまとまって咲いてはいない。また、下の写真のとおり、巨大な土手のようになっている堤防の下に植わっているため、湖と桜を同時に堪能することができない。多摩湖も狭山湖同様、桜の名所というより、堤防からの眺めを楽しむスポットだと思う。

狭山公園の桜

堤防が大きいだけに、上に行くには結構な段数の階段を上ることになる。

狭山公園の堤防を上る階段

堤防の上にやってきた。狭山湖の堤防と同じような景観が広がる。

多摩湖の堤防

このように写真の撮り方によっては、海に行ってきた、と言って人を騙せそうな絵が撮れる。

多摩湖の眺め

街のほうを眺める。桜の規模はこの通りだ。

多摩湖の堤防から街を眺めた様子

村山下貯水池第一、第二取水塔の眺め。狭山湖同様、多摩湖も通称であって正式には村山貯水池という。狭山湖の取水塔とは異なり、まんまるの帽子のような屋根がキュート。これまた絵になる光景だ。

多摩湖の取水塔が2つ並んでいる様子

公園内の小径を降りる。

狭山公園の小径を下る様子

公園内にある宅部池の眺め。園内は縦横無尽に散策路が整備されているので、新緑に触れながら散策するのも良い。

宅部池を臨む

遊具もあるが、小規模なのでわざわざ遠くから小さな子供を連れてくるほどではない。近隣の子連れの方が楽しむレベルだろう。

狭山公園内の遊具

多摩湖、狭山湖、いずれも湖と取水塔の風景がどうしても見てみたい、という方ならば一度訪れても良いのかもしれない。

周辺スポット

ちょっと地味な感じは否めない狭山湖・多摩湖観光。そこで、以下のスポットも合わせてみては。

狭山不動尊と山口観音

前述の狭山不動尊と、徒歩圏内にある山口観音は、お堂がたくさんあったり、思わず二度見するような仏教建築があったりと中々に面白い。多摩湖と狭山湖まで来たのなら、合わせて参拝したい。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

概要:狭山不動尊と山口観音「何これ?」な仏教建築を堪能。ご利益は? ホームページ無き所沢2大ミステリアス寺院探訪 2019年7月2日(火)、埼玉所沢市にある狭山不動尊と山口観音(金乗院 こんじょういん)を散歩して[…]

2匹の龍が飾られた階段と大きな五重塔

所沢ゆり園 ※2020年はコロナの影響で休園

毎年6月上旬~7月中旬頃、およそ3万㎡の敷地に45万株ものゆりが咲き誇るゆり園。ここまで大きなゆり園は都内近郊ではここくらいだろう。

名物のゆり根の天ぷらが旨い。シーズン以外は閉まっているので、事前に営業情報・開花状況を公式HPで要チェック

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2019年7月2日(火)、埼玉県所沢市にある「ところざわのゆり園」にユリを見に行ってきた。 見頃期や開花状況とともに現地の様子をレポートする。 例年の見頃期 ところざわのゆり園のユリの数は、およそ45万株であり、例年の見頃[…]

咲き競うユリの丘の後ろに雑木林

東京の桜番付ランキング【合わせて読みたい】

東京都の桜スポット

東京の桜スポットについて、独断と偏見で格付けしてみました。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

東京都内の桜の名所について、自分で行ってみたスポットを勝手にランキング。例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。 ※毎年新たなスポットに行き次第、随時追加予定。 ※2020年の春は新型コロナウイルスの影響で、臨時休[…]

東京都の桜スポット

アクセス・駐車場・所要時間・レストランなど

アクセス
狭山湖堤防 西武狭山線または西武山口線 西武球場前
多摩湖堤防 西武山口線 西武遊園地または武蔵大和

駐車場

歩行時間
約2時間50分

費用
無料

飲食
車利用ならともかく電車利用となると、歩いて行ける範囲では飲食店は非常に少ない。狭山湖も多摩湖も堤防付近は広い公園になっている。ランチはお弁当持参が良いだろう。

地図
※実際歩いたコースと若干異なる。

HOMEに戻る

風景画のような多摩湖の眺め
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!