京王レールランドとハグハグの感想=コスパが…混雑状況も報告【東京・日野市】

京王のハグハグのき

スポンサードサーチ

概要:京王レールランドとハグハグの感想【混雑状況も報告】

2019年9月30日(月)、東京都日野市にある京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)と、京王れーるランドに子供と行ってきた。

結論から言って、京王線ユーザー、あるいは京王線が好きな子供なら行くべしといった感じ。あるいは、多摩動物公園に行ったが子供が疲れて早々に撤退し、さぁ何しよう…という場合は行っても良いと思う。それ以外の方は無理して数多ある遊び場からここを選ぶことは無いと思う。

その理由は下記のとおり。

  • そこまで規模は広くはない(両施設とも~1時間半くらいの滞在で十分)
  • その割にハグハグはそれなりに料金が高い
  • 多摩地区には他にコスパに優れた遊び場が複数ある(府中市競馬場、昭和記念公園、東京あそびマーレ等)

この日は平日だったためか、両施設ともに空いていた。一番人気であろう「ハグハグの木」というネット遊具の周辺を撮ってみた。こんな感じでかなり館内には余裕があった。

はぐはぐの木上部

はぐはぐのきを囲む通路

対象年齢としては「京王れーるランド」「HUGHUG」ともに小学校低学年まで、といった印象。それ以上になると少々物足りなく感じるのではなかろうか。



京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)!を詳しくレポ!※注意あり※

ハグハグも京王れーるランドも、京王線・多摩モノレールの多摩動物公園駅の目の前にある。通りをはさんだ向こうには多摩動物公園が見える。

ハグハグと京王れーるランド

さて、さっそくハグハグから行くことにしたが、入場に際してクレジットカードが使えないのは頂けない。現金が不足していると、歩いて5分ほどのコンビニまで金を下ろしに行く羽目になるので注意。

ハグハグは細長い建物で2階構成。

ハグハグフロアMAP

1階の様子

入ってすぐのエリアはこのように小さな子供向け。

積み木で遊ぶ子供

木のおもちゃがたくさん

奥へ進むと大型ネット遊具「ハグハグの木」を見上げる形となる。

ハグハグのきの下

さらに奥へ行くと「ハグハグの木」よりやや対象年齢の下がるネット遊具がある。傍にはボルダリングもあるが、そこまでハードなものではなく、マイルドなレベル。

ネット遊具

ネット遊具の向こうにハグハグの木

ボルダリング

1階奥からは屋外に出られる。屋外にはターザンと平均台など3つほどのコーナーがある。

ターザン

揺れる遊具

一本橋

1階はこんな感じ。続いて2階に行ってみよう。

2階の様子

ワークショップもやっていた。

ワークショップ

2階をぐるっと2周するミニトレインはチャッカリ別料金。あこぎな…。

通路脇を走るミニトレイン

ハグハグの木の横を走るミニトレイン

ハグハグの目玉は大型ネット遊具の「ハグハグのき」だろう。土日祝日は整理券が必要になるようだが、平日のこの日は並ぶことなく入れた。

ハグハグの木の入口

外からだと子供の姿がネットに隠れてよく見えない。「高さ12m、直径15m、国内最大級のネット遊具」という触れ込みから期待値が大きかったが、思ったよりは小さく感じる。屋内だから解放感に欠けるためだろうか。

ハグハグの木の中で遊ぶ子供

スポンサードサーチ

京王レールランドを詳しくレポ!

続いてはお隣の京王れーるランド。ハグハグの向かいにある。

切符に模した入場券で改札を通り入場。ハグハグ同様規模は小さめで、2階構成。

改札風の入口

1階の様子

1階入ってすぐの所にあるジオラマは比較的大き目で見応えがある。ジオラマの電車を動かすには別途料金が必要。

京王れーるランドの1階全景

比較的おおきめのジオラマ

大小のシュミレーターがある。大きい方は別途料金で予約制。

シミュレーター

小さいシミュレーター

実際の車両や制服等が展示されている。

京王ライナーと京王線の車両の一部

運転席

京王の制服

2階の様子

アスレチックとプラレールコーナーがある。

2階の全景

アスレチックはマイルドな内容で、対象年齢は3歳から8歳までとある。3歳未満用の小さなボールプールもある。

京王れーるランドのアスレチック

プラレールは別途費用はかからないが、事前受付をして入れ替え制。…うん、ここで遊ばずとも、まぁウチにたくさんプラレールあるよね…と悲しげな表情の私。

プラレール広場

別館の様子

別館では昔の京王線の車両が展示されている。一部には入ることもできる。

歴代京王線の車両展示

最新車両である京王ライナーのミニトレインも走行。ちなみに、こちらも別料金。

京王ライナーのミニトレイン

ということで、冒頭の結論の通り、京王線ユーザーか、京王線好きか、多摩動物公園の見学後に少し時間を潰す必要のある子連れファミリーなら、行っても良いと思う。

ハグハグと京王れーるランドの割引について注意点

各種割引料金プランは公式HPを参照されたい。ここでは一つ注意点を挙げておく。

京王れーるランドは固定料金だが、ハグハグが滞在時間ごとに追加課金というシステムのため、どのくらいの時間滞在するかで割引券購入の損得が変わってくる。

詳しくは公式HPで計算してほしいが、具体的には平日1時間15分とか1時間30分とかの滞在時間が割引パスポートのたぐいの購入の分かれ目となる。

ハグハグは小学生以上なら、1時間は少し短く、1時間半滞在ならそこそこ遊べる。ので、割引券については絶妙かつイヤラシイ時間・料金設定をしている印象。

もちろん、聞き分けの良い子供なら、遊ぶ時間を1時間で切って切り上げてしまうのも手で、それなら割引券だのセット券だの考えなくて良い。



スポンサードサーチ

周辺スポット

多摩動物公園

説明不要の都内を代表する動物園。広大な園内は起伏がはげしく、ちょっとしたハイキング気分になる。

\ 詳しくはコチラ /

周辺スポット

2019年4月29日(月)、ゴールデンウィーク中に東京都日野市にある多摩動物公園に行ってきた。所要時間や混雑状況とともに、現地の様子をレポートする。 所要時間【子連れのケース】 子連れでランチ休憩をはさんで、園内バスは利用しないで4[…]

起伏が激しい多摩動物公園

合わせて読みたい

東京競馬場

ハグハグ以外で、多摩地区で大きいネット遊具やミニトレインのある遊び場としては、東京競馬場が思い出される。そこなら基本無料で(東京競馬開催日は入場料200円)遊べるし、馬にも触れ合える。ということで、府中市競馬場でいいんじゃ…というのが率直な感想ではある。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

日曜日に東京都府中市にある東京競馬場に子供と行ってきた。大量の遊具類に体験乗馬、ふれあい体験などなど。そう、そこは、競馬場というよりも、遊び場だった。現地の様子をレポートする。 東京(府中)競馬場は子供の遊び場!沢山の遊具から体験乗馬まで[…]

東京競馬場の遊び場

東京あそびマーレ

いや、でもHUGHUGは雨の日も遊べるし…そんな時は近くの「東京あそびマーレ」の出番ですよ。「東京あそびマーレ」も屋内施設だが、こちらは遊具の数が桁違いに多い上に、雪遊びまでできてしまう。半日以上は余裕で遊べる。コスパも高い。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2019年7月26日(金)、東京都八王子市にある東京あそびマーレに子供と避暑に行ってきた。 東京あそびマーレ・スノータウンへ。八王子で雪遊びしてきた。 「家族で一日遊べる室内遊園地」という謳い文句のレジャー施[…]

東京あそびマーレで雪遊びをする子供

ギャラクシティ

ハグハグのはるか彼方、足立区にあるレジャー施設。ハグハグのような大型ネット遊具をはじめ、ボルダリングコーナー、工作ワークショップなどがなんと無料。さらには寝転がって観られるプラネタリウムも格安で楽しめる(無料の回もアリ)。多摩地区民であっても、電車賃を考慮してもハグハグに行くよりも安く遊べてしまう可能性がある。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2020年1月6日(月)、東京都足立区にあるギャラクシティに子供と行ってきた。子連れにはかなりコスパの良い施設だった。 まずは現地の雰囲気はこちらの動画をどうぞ。 https://youtu.be/xbRfzpEQCAM ギャ[…]

ギャラクシティのスペースアスレチック

 

スポンサードサーチ

アクセス・所要時間・ランチはどうする?など

住所
ハグハグ 東京都日野市程久保3 丁目36 番60
京王れーるランド 東京都日野市程久保3-36-39

アクセス
京王線「多摩動物公園」下車すぐ
多摩モノレール「多摩動物公園」乗車すぐ

滞在時間
両施設それぞれ1時間半程度、合計約3時間

費用
有料

飲食

ハグハグについてはカフェがある。持ち込みについては団体のみ受付。弁当は館外のベンチで食べるしかない。

ハグハグのカフェ

一方で、京王れーるランドは2階の休憩場とテラスならびに、屋外展示場テーブル席なら持込飲食可能。

テラス席

HOMEに戻る

京王のハグハグのき
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!