京王レールランドとハグハグの感想=コスパが…混雑状況も報告【東京・日野市】

京王のハグハグのき

東京都日野市にある京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)と、京王れーるランドに子供と行ってきた。感想を本音でレポートする。

スポンサードサーチ

京王れーるランドとハグハグの感想【混雑状況も報告】

結論から言って、京王れーるランドはリピート確定のコスパ、ハグハグはおそらくリピートなし、というのが率直な感想だ。

まず、ハグハグから。

1時間半ほどの滞在時間で十分な規模ながら、そこそこ料金が高い。

多摩エリアには府中競馬場、昭和記念公園、東京あそびマーレなどコスパの高い施設があるので、わざわざコチラを選ぶ理由はあるかな…と感じてしまう。

ただし、カフェが併設されているので、「コスパとかどうでも良いから、キレイな屋内施設でゆっくり休憩したい」というママなら利用はアリだ。

つぎに京王れーるランドについてだが、コチラはリピート確定。ハグハグ同様に小一時間で見て回れるちいさな規模だが、料金はリーズナブル。

おまけに同日に再入場可能なので、AMにれーるランドで遊んで、多摩動物公園で遊んで、子供が疲れたらまたれーるランドで遊んで帰る…という芸当も可能だ。

体力があり電車好きな男の子連れなら、悪くないコスパだと思う。

対象年齢としては「京王れーるランド」「HUGHUG」ともに小学校中学年まで、といった印象。それ以上になると少々物足りなく感じるのではなかろうか。

混雑状況【コロナ禍追記あり】

とある日の平日

両施設ともに空いていた。一番人気であろう「ハグハグの木」というネット遊具の周辺を撮ってみた。こんな感じでかなり館内には余裕があった。

はぐはぐの木上部

はぐはぐのきを囲む通路

コロナ禍の平日(2021.8追記)

子供の夏休み期間中に京王れーるランドのみ行ってきた。

平日とは言え夏休み期間中だから多少混んでいるかと思いきや、空いてました。

無料シミュレーターも時間帯によっては他にやる子がいなくて、連続で遊び放題。土日になればもっと混むと思われるが、コロナ禍で敬遠する親御さんも多そうなので、激混みすることはなさそう。

ただ、入館時に受付で予約するイベント(プラレールコーナー、アスレチックコーナー)については、土日祝日だとなかなか早い時間が取れないかも。コロナ禍で一度に遊べる人数を絞っているからだ。



スポンサードサーチ

京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)!を詳しくレポ!※注意あり※

ハグハグも京王れーるランドも、京王線・多摩モノレールの多摩動物公園駅の目の前にある。通りをはさんだ向こうには多摩動物公園が見える。

ハグハグと京王れーるランド

さて、さっそくハグハグから行くことにしたが、入場に際してクレジットカードが使えないのは頂けない。現金が不足していると、歩いて5分ほどのコンビニまで金を下ろしに行く羽目になるので注意。

ハグハグは細長い建物で2階構成。

ハグハグフロアMAP

1階の様子

入ってすぐのエリアはこのように小さな子供向け。

積み木で遊ぶ子供

木のおもちゃがたくさん

奥へ進むと大型ネット遊具「ハグハグの木」を見上げる形となる。

ハグハグのきの下

さらに奥へ行くと「ハグハグの木」よりやや対象年齢の下がるネット遊具がある。傍にはボルダリングもあるが、そこまでハードなものではなく、マイルドなレベル。

ネット遊具

ネット遊具の向こうにハグハグの木

ボルダリング

1階奥からは屋外に出られる。屋外にはターザンと平均台など3つほどのコーナーがある。

ターザン

揺れる遊具

一本橋

1階はこんな感じ。続いて2階に行ってみよう。

2階の様子

ワークショップもやっていた。

ワークショップ

2階をぐるっと2周するミニトレインはチャッカリ別料金。あこぎな…。

通路脇を走るミニトレイン

ハグハグの木の横を走るミニトレイン

ハグハグの目玉は大型ネット遊具の「ハグハグのき」だろう。土日祝日は整理券が必要になるようだが、平日のこの日は並ぶことなく入れた。

ハグハグの木の入口

外からだと子供の姿がネットに隠れてよく見えない。「高さ12m、直径15m、国内最大級のネット遊具」という触れ込みから期待値が大きかったが、思ったよりは小さく感じる。屋内だから解放感に欠けるためだろうか。

ハグハグの木の中で遊ぶ子供

京王レールランドを詳しくレポ!

続いてはお隣の京王れーるランド。ハグハグの向かいにある。

切符に模した入場券で改札を通り入場。ハグハグ同様規模は小さめで、2階構成。

改札風の入口

1階の様子

1階入ってすぐの所にあるジオラマは比較的大き目で見応えがある。ジオラマの電車を動かすには別途料金が必要。

京王れーるランドの1階全景

比較的おおきめのジオラマ

大小のシュミレーターがある。大きい方は別途料金で予約制。

シミュレーター

小さいシミュレーター

実際の車両や制服等が展示されている。

京王ライナーと京王線の車両の一部

運転席

京王の制服

2階の様子

アスレチックとプラレールコーナーがある。

2階の全景

アスレチックはマイルドな内容で、対象年齢は3歳から8歳までとある。3歳未満用の小さなボールプールもある。

京王れーるランドのアスレチック

プラレールは別途費用はかからないが、事前受付をして入れ替え制。…うん、ここで遊ばずとも、まぁウチにたくさんプラレールあるよね…と悲しげな表情の私。

プラレール広場

別館の様子

別館では昔の京王線の車両が展示されている。一部には入ることもできる。

歴代京王線の車両展示

ミニトレインも走行。ちなみに、こちらも別料金。

京王ライナーのミニトレイン

ミニトレインは偶数月、奇数月、曜日によって3種が日替わり運行。

スポンサードサーチ

ハグハグと京王れーるランドの割引についてポイント

各種割引料金プランは公式HPを参照されたい。ここでは一つポイントを挙げておく。

京王れーるランドは固定料金だが、ハグハグは滞在時間に応じて課金される。

なので、ハグハグにどのくらい滞在するかザックリ見積もっておくことで、割引券を買うべきかどうかが変わる

そこで重要になるのが所要時間だが、ハグハグは小学生以上なら、1時間は少し短く、1時間半滞在ならそこそこ遊べる。また、ハグハグ内のカフェで休憩するとなると、その時間も見ておく必要がある。



周辺スポット

多摩動物公園

説明不要の都内を代表する動物園。広大な園内は起伏がはげしく、ちょっとしたハイキング気分になる。

\ 詳しくはコチラ /

周辺スポット

2019年4月29日(月)、ゴールデンウィーク中に東京都日野市にある多摩動物公園に行ってきた。所要時間や混雑状況とともに、現地の様子をレポートする。所要時間【子連れのケース】子連れでランチ休憩をはさんで、園内バスは利用しないで4[…]

起伏が激しい多摩動物公園

多摩モノレール沿線スポット

せっかくなら、ほかの多摩モノレール沿線スポットも合わせて巡ってみては。

多摩モノレール沿線スポットまとめ

関連記事

北は東大和市にはじまり、立川を経て南の多摩市まで、多摩地区を南北に走る多摩モノレール。その沿線には何があるのか?観光・お散歩スポットについて自分の足と目で確かめてきた場所をまとめた。はじめに結論から言えば、「観光名所」とまで[…]

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

東京競馬場

ハグハグ以外で、多摩地区で大きいネット遊具やミニトレインのある遊び場としては、東京競馬場が思い出される。そこなら基本無料で(東京競馬開催日は入場料200円)遊べるし、馬にも触れ合える。ということで、府中市競馬場でいいんじゃ…というのが率直な感想ではある。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

日曜日に東京都府中市にある東京競馬場に子供と行ってきた。大量の遊具類に体験乗馬、ふれあい体験などなど。そう、そこは、競馬場というよりも、遊び場だった。現地の様子をレポートする。※新型コロナ対策として、当面、遊具やイベントが中止となっ[…]

東京競馬場の遊び場

東京あそびマーレ

いや、でもHUGHUGは雨の日も遊べるし…そんな時は近くの「東京あそびマーレ」の出番ですよ。「東京あそびマーレ」も屋内施設だが、こちらは遊具の数が桁違いに多い上に、雪遊びまでできてしまう。半日以上は余裕で遊べる。コスパも高い。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2019年7月26日(金)、東京都八王子市にある東京あそびマーレに子供と避暑に行ってきた。東京あそびマーレ・スノータウンへ。八王子で雪遊びしてきた。「家族で一日遊べる室内遊園地」という謳い文句のレジャー施[…]

東京あそびマーレで雪遊びをする子供

ギャラクシティ

ハグハグのはるか彼方、足立区にあるレジャー施設。ハグハグのような大型ネット遊具をはじめ、ボルダリングコーナー、工作ワークショップなどがなんと無料。さらには寝転がって観られるプラネタリウムも格安で楽しめる(無料の回もアリ)。多摩地区民であっても、電車賃を考慮してもハグハグに行くよりも安く遊べてしまう可能性がある。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2020年1月6日(月)、東京都足立区にあるギャラクシティに子供と行ってきた。子連れにはかなりコスパの良い施設だった。まずは現地の雰囲気はこちらの動画をどうぞ。https://youtu.be/xbRfzpEQCAMギャ[…]

ギャラクシティのスペースアスレチック

 

アクセス・所要時間・食事など

住所
ハグハグ 東京都日野市程久保3 丁目36 番60
京王れーるランド 東京都日野市程久保3-36-39

アクセス
京王線「多摩動物公園」下車すぐ
多摩モノレール「多摩動物公園」乗車すぐ

滞在時間
両施設それぞれ1時間半程度、合計約3時間

費用
有料

飲食

ハグハグについてはカフェがある。持ち込みについては団体のみ受付。弁当は館外のベンチで食べるしかない。

ハグハグのカフェ

一方で、京王れーるランドは2階の休憩場とテラスならびに、屋外展示場テーブル席なら持込飲食可能。

テラス席

HOMEに戻る