矢川緑地保全地域は東京離れした湿原だった。初秋にはヒガンバナも【東京・立川市散歩】

スポンサードサーチ

矢川緑地保全地域は東京離れした湿原だった。初秋にはヒガンバナも

2019年9月26日(木)、東京都立川市にある矢川緑地を散策してきた。

矢川緑地は立川市にある東京都指定の保全地域だ。

コースの大半をせせらぎに沿って歩く。周囲には民家が沢山あるが、水の透明度は極めて高く、心地良い。

黄緑色の藻が美しいせせらぎ

なんと彼岸花も咲いていた。数はそこまで多くはないけれど。

矢川沿いの彼岸花

ここだけ切り取ると、東京とは思えない湿原。が、正直、規模は小さい。

木々と湿地と木道と

ここだけのために遠方から訪れるのは微妙な規模感かもしれない。多摩地区観光、立川駅周辺の散策や、IKEAでのショッピングのついでにどうぞ。



矢川緑地保全地域の散策の様子を詳しくレポ!

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

最寄り駅であるJR矢川駅前。畑も見え既にちょっとのどか。

矢川駅前の様子

南口を出て道をまっすぐ進む。大きな十字路、「矢川駅入口」交差点を渡らずに右手に曲がる。

矢川駅入口交差点

やがて右手に川が見えてくる。これが矢川で、この川をずっと辿っていくと、やがて矢川緑地保全地域に到着する。

道路の右手に伸びる矢川

矢川は護岸され人工的だが、非常に透明度が高い。

道沿いの矢川

きれいな水

民家に囲まれているので風情はないものの、所々に畑があったり水の音が聞こえたりして、清々しい気分になる。

小さな橋がかかる矢川

民家が並ぶ矢川

やがて正面に小学校の見えるT字路にぶつかるので、左に曲がる。

正面に小学校

ここからの道は曲がり角が多いが、川を目印に、川に沿って進めばOK。

親水公園のように整備された矢川

小さな魚が泳いでいるのがよく見える。それくらいの水の透明度。

小さな橋からの眺め

遠くを走る南武線と矢川。この界隈は本当に畑が多い。

南武線と矢川

このように川沿いには民家が並んでいる。

川のすぐ隣に民家

道路の左手に雑木林。川に沿って保全地区に入る。

矢川緑地保全地域の入口

昭和52年に保全地区に指定された矢川緑地は矢川の上流部に位置し、雑木林と湧水、湿地からなる。

矢川緑地の雑木林

保全地区の面積は約2万平方メートル。単純計算で一辺200mの正方形の敷地なので、そこまで広大というわけではない。

矢川緑地を流れる小川

数は少ないが 彼岸花も咲いていた。写真を撮る人が他にいなかった。東京のヒガンバナスポットとしては穴場と言えるのでは。

雑木林の中の彼岸花

川と彼岸花

対岸から見た彼岸花

鴨が気持ち良さそうに泳いでいた。

カモと彼岸花

もうすぐ10月だというのに セミがたくさん鳴いていた。また、さすがに水辺なので蚊がそこそこいる。虫除けはあったほうが良い。

橋の上から見た矢川

やがて湿地と木道が現れる。

すっと伸びる木道

湿地に映り込む初秋の空が爽やかだ。

木道横の湿地にうつる空

湿原から生えた木々が東京とは思えない景観をつくっている。

湿地から生える木々の間をぬう木道

尾瀬に行ってきたといったら信じられそうな風景ではある。

湿地から沢山の木々が伸びる

草地を通る木道

ただ、この景観は距離がとても短く、アングルによっては民家もシッカリ見える。期待し過ぎないで気軽に訪ねるのが丁度いい。

木道から見える民家

保全地域を出て、みのわ通りという道路に出る。このように通りのすぐ横に緑地が広がっていたわけだ。

大きな通りの横に緑地

みのわ通りをはさんで反対側には矢川弁財天が見える。通りが一段高い位置のため、眼下に見下ろす形となる。まるで箱庭のような不思議な光景。小さな社寺をこんなアングルで眺められる場所はあまりないのでは。

小さな池と境内を見下ろす

矢川緑地からみのわ通りに出たら、通りを右手にまっすぐ進めばやがて西国立駅だ



スポンサードサーチ

周辺スポット

立川駅を中心に、周辺に見どころが点在している。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

立川市と、その周辺の観光・散歩スポットに行ってきた。名所から穴場まで、現地の様子をレポートする。 CONTENTS 立川市ってどんなとこ? 立川市は、都心からは少し離れた、東京都の中央やや西よりに位置する都市。23区ではなく、多摩[…]

東京都内の自然が多い森林浴スポットまとめ【合わせて読みたい】

緑地や公園など、東京都内で気軽に森林浴ができるスポットをまとめた。

都内の自然が多いスポットまとめ

関連記事

「東京都内で日帰りで自然の中を散歩したい」 「混雑を避けて自然の中をデートしたい」 「23区に緑の多い場所なんてあるの?」 「あまり都心から遠いのは行くのが面倒」 そんな貴方へ。 「え?東京ってショッピングスポットしか無い[…]

スポンサードサーチ

アクセス・所要時間など

住所
〒190-0021 東京都立川市羽衣町3丁目26−6

アクセス
JR南部線「矢川」下車 南口より徒歩17分

歩行時間
約1時間

費用
無料

飲食
あまりお弁当を食べられる場所はない。外食をするなら立川駅まで出れば選択肢は豊富にある。

地図
※実際歩いたコースと若干異なる。特に、グーグル上では矢川緑地保全地域の小さな小径は無いことになっているため、緑地沿いのルートになってしまっている。

HOMEに戻る

東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!