小村井駅&東あずま駅周辺には何がある?街を散歩してみた【東京・墨田区】

東京都墨田区にある東武亀戸線の駅、小村井。

読み方は「こむらい」じゃなく、「おむらい」。どことなく「オムライス」を彷彿とさせる響きだ。

そんな小村井駅と、となりの東あずま駅周辺をいろいろと歩いた様子をレポートする。

スポンサードサーチ

小村井駅と東あずま駅周辺の街の様子

どうでも良いんですが、東武亀戸線が小田急線に見えるのは、私だけ…?

東武亀戸線

駅前の様子。タワマンがビュンビュン林立するような場所ではなく、いたって普通の街並みであります。

小村井駅前

駅前の道路にはマンションがよく見られるが、チェーンの飲食店などはあまりないように思える。一人暮らしだと食事に少し困りそうな気もするが、どうなんでしょ。

幹線道路から一本入れば住宅街が広がるが、

スカイツリーが近いのがいかにも下町。

住宅街とスカイツリー

団地もちらほら見られる。

小村井駅ちかくの団地

小村井駅から一駅お隣の「東あずま駅」まで歩いてみましょう。

思わず「あずまあずま駅」と呼んじゃいそうな「東あずま駅」。ただしくは「ひがしあずま駅」です。

駅周辺には薬局など店舗は見られるが、小村井と同じく、私のようなヤローが日常使いしやすいチェーン系飲食店は少なそうな印象。

逆にいえば、商業商業してないからか、落ち着いた雰囲気ではある。「住みやすさレポート」みたいな不動産屋さんの記事を見ても、このエリアは治安が良いとされている。

街の雰囲気を概観したところで、そんな小村井駅、東あずま駅の近隣スポットを色々と巡ってみよう。

あずま百樹園

「百樹園」というので、ものすごい種類の木々が植えられている場所かと思ったが、そんなことはなかった。

ご近所ファミリーが使うような小さな公園。

隣には文花テニスコートがある。余談だが、この一帯の住所は「東京都墨田区文花」といいます。「文花」…なんだかステキな響きです。

百樹園に隣接する千葉大学墨田キャンパス。「千葉なのに東京ディズニーランド」に対抗しているのか、「東京なのに千葉大学」。

スポンサードサーチ

緑の花の学習園

およそ350種の草木が育てられている。見学は無料。

敷地はおよそ1500㎡。

こじんまりとした施設で、小さな百花園といった感じだ。

家庭菜園が好きな方ならどうぞ。

藤棚ではフジが咲いていた。

背の高い木もある。

小村井香取神社(香梅園)

都内でいちばん梅が密集して咲くスポットなのでは…?というくらい、梅が「密状態」な観梅スポット。

境内はこぢんまりとしているが、梅の季節には一度は訪ねたい。

小村井香取神社の詳細はコチラ

スポンサードサーチ

北十間川(きたじゅっけんがわ)

小村井駅の南にある、墨田区で一番せまい川。旧中川と隅田川の間を横断する。

しかし…こうして地図を見ると、川が文字通り縦横無尽に走る土地だ。

北十間川はスカイツリーのすぐそばを流れる。なので、こうした眺めを楽しめる。

川沿いに降りてのお散歩もできる。

水はそこまでキレイな印象は受けない。

旧中川

小村井の東部を、ニョロニョロと蛇行しながら流れる川。

北十間川と異なり、近づくと水がそこそこ透き通って見える。23区の河川としてはキレイに感じる。

ときおり、大型の魚が泳ぐ姿も見られる。コイやフナではなく汽水魚がよく見られ、海の近さを実感する。

早春には河津桜、梅雨時期のアジサイがきれいなスポットでもある。

旧中川の紫陽花の詳細はコチラ

スポンサードサーチ

立花大正民家園 旧小山家住宅

大正時代の古民家だが、現在は公共施設として無料で見学できる。

レトロ建物好きなら、お散歩ついでに訪ねてみては。

立花大正民家園 旧小山家住宅の詳細はコチラ



周辺スポット

下記も合わせて散歩してみては。

亀戸駅・錦糸町駅周辺

亀戸天神のほかに何があるのか、色々と歩いてみました。

亀戸駅・錦糸町駅周辺の詳細はコチラ

関連記事

亀戸と言えば亀戸天神のイメージが強いが、周辺にはほかに何があるのか?色々と歩いてみた。たっぷりの写真とともにレポートする。亀戸天神にお参りされる方は、周辺散歩のご参考になれば。亀戸駅・錦糸町駅周辺の街の様子まずはJR亀戸駅前[…]

アクセス・所要時間など

アクセス
東武亀戸線「小村井」下車

費用
無料

歩行時間
下のコースを巡ったとして歩行距離はおよそ4kmほど、歩行時間としては50分前後。

地図
※実際歩いたコースと若干異なる。

HOMEに戻る