府中郷土の森の梅まつり開花状況|都内なのにゆったり観梅【東京・府中市】

府中市郷土の森の梅林

2020年2月27日(木)、府中市にある郷土の森の「梅まつり」に行ってきた。

開花状況や見頃期、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。

また、周辺スポットについても本記事後半で解説しているので、「郷土の森に行った後は何する?」のヒントになれば嬉しい。

まずは現地の雰囲気はこちらの動画をどうぞ。都心の梅の名所には無い梅の密集度!

スポンサードサーチ

開花状況

2020年2月27日(木)、訪れた当日の開花状況は、おおむね満開で見頃。

例年の見頃期

例年の見頃は2月中旬~2月下旬頃。

園内には早咲きのものから遅咲きのものまで、60種もの品種がある。

ただ、園内にある梅の木のうち、全体の7割が「中咲き」の品種であり、それらの見頃が2月中旬~2月下旬頃。ちなみに早咲きは全体の1割、遅咲きは2割程度と数は少ない。

開花状況は公式HPでこまめに発信されるので、最新情報をチェックの上お出かけするが吉

スポンサードサーチ

府中郷土の森の梅まつりで、東京なのにゆったり観梅

府中市郷土の森は、東京都内の梅の名所の中で、単純に梅の見ごたえという意味では、かなり抜きん出た存在

というのも、23区の梅の名所は、梅の数が100本から多くても数百本レベル。

対して、郷土の森では約1,100本もの梅が植えられており、まさに桁がちがう。「あれっ?梅の木、少なっ」とはならない。

また、レトロな建築物と梅のコラボが楽しめるのも、郷土の森ならでは

ただ、難点がひとつあって、駅から遠くて、周りは家やら畑のみ…。

まぁ、そんな不便な立地だからこそ、23区の梅の名所のように周囲がマンションだらけ、ということもなく、都内にいながらゆったりとした空間で観梅を楽しめるのだけど…。

あ、そうそう、徒歩圏内にサントリーのビール工場ならありました。無料で工場見学とビールの試飲ができるから、梅を見た後はビールで乾杯!というのもまた一興。※要事前予約

徒歩圏内はそんな状況だが、バス(または徒歩)で分倍河原駅まで出て南武線に乗れば、観梅ついでに回れるスポットの選択肢は増える

例えば、分倍河原の隣の南多摩駅で降りて、天然温泉「季乃彩」に行くも良し、立川駅まで出て「立川まんがぱーく」で漫画三昧も良し。

せっかく北多摩エリアまで来たのなら、観梅だけじゃなく、そうしたスポットも合わせて巡ってみては。



府中市郷土の森の梅まつりの様子をもっと詳しく!

それでは、見頃を迎えた郷土の森の梅の様子をもっと詳しく見ていこう。

郷土の森は正式には「府中市郷土の森博物館」といい、広大な園内に歴史的建造物を配置して「森」全体を博物館とした施設。

そして、「森」のいたるところに梅が植えられている。下の写真の地図のピンク色の部分が、梅の木のある場所を表している。とくに見ごたえがあるのは地図上で赤丸をした三カ所。

  1. 旧府中町役場の裏
  2. 川崎平右衛門広場と大宰府の梅
  3. 園内奥の梅林

順番に見ていこう。

梅の見どころ① レトロ建築物と梅

旧町役場庁舎と梅。町役場の裏にはまとまって梅が植えられている。

ということで、レトロな建物と梅のコラボレーションを楽しめる。写真映え必至。

梅の見どころ② 川崎平右衛門広場と大宰府の梅

旧府中市町役場庁舎を通り過ぎ、売店「ハケの茶屋」まで来ると、小川をはさんで一段下に梅林が広がっているのが見える。降りてみよう。

川崎平右衛門広場付近に、なかなか華やかな空間が広がる。

しだれ梅が見事。見事なんですが…しだれっぷりもここまでくると苦しそう。重くない?半分持とうか?と言いたくなるほど。

川崎平右衛門の銅像も満開の梅に囲まれ、どこか嬉しそうだ。ところで川崎平右衛門(へいえもん)って誰?はい、府中出身の江戸時代のお代官様。新田を拓いたり、多摩川の治水を行った名主だそうだ。

鮮やかな黄色。こちらは梅じゃなくてサンシュユですかね~?

梅と言えば菅原道真公、菅原道真公と言えば福岡・太宰府天満宮。

ということで、府中市の市制60周年を記念して、大宰府より寄贈された紅白の「大宰府の梅」がハギのトンネル横にあった。といっても、あまり大きな木ではないので、見落とさないよう注意したい。

余談ですが、梅は府中市の花だそう。郷土の森が「梅推し」なのには理由があったのだ。

梅の見どころ③ 広く密度の高い梅林

園内の最深部に広がる梅林こそ、郷土の森の観梅のハイライトだろう。何カ所か梅林がある郷土の森だが、奥の梅林は圧倒的に規模が大きい。

ピンクや白の梅が青空によく映える。天を突くように生える梅。生命力が高そう。

一段高い場所に東屋がある。

東屋にのぼると、周りの梅の木を見下ろすことができる。

梅林はこのような広めのメインストリートのほか、

細い小径が縦横無尽に枝分かれしている。なので、散歩が単調にならないのがいいが、ウネウネと蛇行する小径を歩いていると道に迷いそうに。

梅林の一番奥、園内の端っこを歩く。木々に隠れて分かりにくいが、写真の左側に少しだけ多摩川が見える。

多摩川の向こうに何やら煙突のようなものが。クリーンセンター多摩川、ゴミ焼却場だ。

煙突と梅と。

ほかにも園内には梅がチラホラ

上に挙げた3か所以外でも、園内のあちこちに梅が咲く。

江戸の府中宿を代表する商家・旧田中家住宅にも数は少ないながら梅がある。瓦屋根の和風建築に梅はよく似合う。

江戸時代の農家・旧三岡家の門の傍にも少しだけ梅が咲く。茅葺き屋根と梅もまたよくマッチする。

「水遊びの池」ちかくの滝の脇の園路沿いにも梅が咲いていた。写真では分かりにくいが、左側に見えているのが滝。もう少し滝と梅が近ければ、もっと良い写真になりそうだが…。

芝生広場の端にも梅が植わっていた。ホント、園内のどこに行っても梅がある。

梅林以外の展示にも注目

郷土の森は屋内展示やプラネタリウムも擁する博物館。梅だけ見て帰るのでは入園料がもったいない。せっかくなので、博物館としての郷土の森も楽しみたいところ。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

2020年2月27日(木)、府中市にある郷土の森を散歩してきた。 現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。 また、周辺スポットや合わせて訪ねたいスポットについても本記事後半で解説している。「郷土の森に行った後は[…]

郷土の森博物館



スポンサードサーチ

周辺スポット

見頃を迎えた郷土の森の梅を見たら、下記スポットにも合わせて行ってみては。

稲城天然温泉 季乃彩

郷土の森の最寄り駅の一つ、南武線・府中本町駅の隣の南多摩駅から徒歩で行ける天然温泉

温泉といっても、スーパー銭湯の静かなバージョンといった施設で、そこまで自然あふれる感じでもない。ただ、露天風呂もあり、私も冬になるとお世話になっている。Googleなどの口コミを見ても高評価が多い

立川周辺スポット

分倍河原駅から立川駅までは南武線でわずか10分強。そこまで行けば、色々と散歩や観光の選択肢が増える。

寒いこの時期のオススメは「立川まんがぱーく」だ。普通の漫画喫茶とは違い、畳みや押し入れチックなオブジェクトを使った斬新な店内で、「家の中でくつろいでる」感が凄い。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

立川市と、その周辺の観光・散歩スポットに行ってきた。名所から穴場まで、現地の様子をレポートする。 CONTENTS 立川市ってどんなとこ? 立川市は、都心からは少し離れた、東京都の中央やや西よりに位置する都市。23区ではなく、多摩[…]

アクセス・所要時間など

住所
〒183-0026 東京都府中市南町6-32

アクセス
・京王線・南武線「分倍河原」下車 バス、または徒歩20分
・京王線「府中」下車 バス
・JR武蔵野線・南武線「府中本町」下車 徒歩20分
・西武多摩川線「是政」下車 徒歩20分
※バスの時刻表は公式ホームページに掲載あり。

滞在時間
約1時間30分
※観梅+屋内展示もゆっくり見て回って

費用
有料

飲食
簡易ベンチがたくさんあるので、持ち込みの弁当を食べてもいい。

園内にちょっとした売店、喫茶コーナーはあるが、分倍河原駅から立川駅まで出れば、外食の店の選択肢は非常に多い。

地図

HOMEに戻る

府中市郷土の森の梅林
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!