縄文の村訪問レポ!駅徒歩10分で縄文体験?【東京・多摩市】

2020年11月、東京都多摩市にある「遺跡庭園 縄文の村」を散歩してきた。

竪穴式住居や出土品の展示を無料で楽しめる施設だ。現地の雰囲気を、動画や写真とともにレポートする。

※コロナ対策のため営業日や利用可能なコーナーに変更がある可能性があります。お出かけの際は、事前に公式HPでご確認ください。

スポンサードサーチ

遺跡庭園縄文の村ってどんなところ?【概要】

こちらの施設では、以下の内容を無料で見学することができる。

  • 旧石器時代からの出土品の展示【屋内】
  • 竪穴式住居など縄文時代の景観の復元展示【屋外】

住居の周りにはトチノキ、クルミ、栗などの樹木ならびにゼンマイ、ワラビなどが植えられている。縄文時代当時の植生を再現した庭なので「遺跡庭園」というわけだ。

竪穴式住居は中に入れるだけではなく、タイミングが合えば茅葺屋根保全のための火焚きまで見られる。(公式HPに火焚きスケジュールが載っている)

屋内展示のほうはワンフロア+αといった内容だが、中高の教科書に出てきそうな懐かしい感じ。

施設全体でざっと見て回るのに1時間もかからない規模ではあるが、無料&駅近なので、他の目的のついでに気軽にフラッと立ち寄れるのもいい。

現地の雰囲気はこちらの動画をどうぞ。



遺跡庭園縄文の村の様子をもっと詳しく【詳細】

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

1960年代からの多摩ニュータウン開発にともない、多摩丘陵から大量に発掘された遺跡群。

その数はおよそ1000カ所近くにものぼり、その一つがここ遺跡庭園縄文の村だ。

名前からしてB級スポット(失礼!)的な感じだが、実は平成元年に都より史跡に指定された場所でもある。

正式名称は多摩ニュータウンNo.57遺跡といい、縄文時代前期前半(6500年前)~中期(5000年前)の集落遺跡を復元・保存したスポットなのだ。

多摩センター駅から簡単アクセス

行き方は簡単。京王線・小田急線「多摩センター」南口のペデストリアンデッキよりアクセス。

駅を出ると左手にこんな細いアーケードがある。

アーケードを直進すればほどなく到着。左手に「縄文の村展示ホール」の建物が見えてくる。

多摩センターからは近く、道順もシンプルだ。場所としては小田急線の線路の真横で、庭園を歩いているとたまに電車が通過するのが見える。

遺跡庭園を散策

まずは庭園を巡ってみる。地図はコチラのとおり。こぢんまりとした規模。

敷石住居

庭園のなかに3棟、縄文時代前期~中期の復元住居が展示されていて、本施設の目玉と言える。

こちらは縄文時代中期後半、およそ4500年前の「敷石住居」。大きく平らな石が床に敷かれていたことから、その名で呼ばれる。八王子市堀之内で発見された住居を移築・復元したもの。

駅徒歩10分とかからず平屋って、現代基準で言えば贅沢なんですが、4500年前の縄文人は知る由もなく。

建物本来の雰囲気を味わえるようにと、あえて照明が付いていない。そのため、入口には懐中電灯が備え付けられている。

縄文前期竪穴住居

6500年前の竪穴住居。地面に竪穴を掘って、上に屋根をかけたスタイルの住居。「竪穴式住居」…中学の教科書に出てきたような、懐かしい響き…

竪穴式住居にする理由としては、穴が壁となるため壁用の材料が少なくて済む、屋根が低く上にのぼりやすい、室内温度が一定になるなど諸説あるようだ。

入口が狭いのは外敵の侵入を防ぐためとあるが、縄文時代は争いが少なかったという説もあり、外敵とはいったい…。熊ですかね。なお、この日はどの住居でも火焚きは行われていなかった。

縄文中期竪穴住居

こちらは4500年前の復元住居。さっきから時間軸がもはやドラえもんの世界。

ウン千年前と言われてもピンと来ない。

縄文の森

各住居の周りには、縄文時代に多摩丘陵に生えていたと考えられる樹木が植えられ、プチ雑木林をつくっている。

湧水

庭にある湧水跡。近年まで農家の生活用水として使われていたが、縄文時代にさかのぼって使われていたかどうかは不明。今では水脈が切れ、枯れてしまっている。

竪穴式住居跡の模型

住居跡2軒分の模型。こちらが、実際に住居跡が発見された場所だという。

住居の模型ではなく住居「跡」の模型なので、発掘現場っぽい展示。

展示ホール

続いて遺跡庭園に隣接する、展示施設に入ってみよう。

メイン展示コーナー

多摩ニュータウンから発掘された出土品を、旧石器時代から江戸時代にいたるまで展示してある。

ワンフロアのみだが、解説は細かく、きちんと読み込もうとするとそれなりに時間が必要だろう。

イノシシなどを狩る目的の落とし穴の模型。

体験コーナー

メインの展示コーナーとは別に、建物入口付近にあるコーナー。その名のとおり、縄文にちなんだ各種体験ができるコーナー。小学生のお子様連れならちょっぴり楽しめるかも

ドッキドキ!土器のパズル。…途中でイライラして壊しちゃいそうデス。

粘土板に土器の模様をつけたり…

カゴの編み方を再現したりと、縄文ライフをお手軽に体験。

火起こし体験も。棒の先端が熱くなるが火は付かないようだ。そりゃそうか。

こんなミニ体験コーナーが、ほかにも数種ある。

JOMONブランドのセットアップ、高温多湿な日本の夏に。一式¥50,000(すみませんウソです売ってません)

特別収蔵庫

体験コーナーの奥にある。入ることは出来ないが、ズラーッと並んだ土器をガラス越しに見学できる。

メインホールに展示しきれないものを収蔵・公開している。これだけ土器があるとドキドキしますね!(しつこい)

江戸の遺構展示

さらに奥に進むと江戸時代の遺構や出土品の展示。

尾張藩や伊達家の上屋敷跡からの出土品などが展示されている。あれっ?多摩丘陵関係なくない?と思ったが、こちらの施設の運営元は「東京都埋蔵文化財センター」。

多摩地区のみならず、都内の埋蔵文化財の調査研究・保護等を行っている関係で、多摩地区以外の出土品も一部展示されているようだ。



スポンサードサーチ

周辺スポット

下記スポットにも合わせて行ってみては。

小山田緑地

小山田緑地

小田急線で一駅先の唐木田から歩いて行ける。起伏が激しくおそらく都内一痩せそうな公園。ゴルフ場の中を通ったりと景観的には面白い。

小山田緑地の様子

関連記事

2020年10月、東京都町田市にある小山田緑地を散歩してきた。公園の特徴、何があるか、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。小山田緑地は都内随一の「痩せそうな」公園だった?【概要】都立の緑地公園である小山[…]

小山田緑地

小山内裏公園

京王線で多摩境まで行けばすぐ。都内では珍しい、立ち枯れの池がある。

小山内裏公園の様子

関連記事

2019年5月27日(月)、東京都八王子市と町田市にまたがる小山内裏公園(おやまだいりこうえん)を散歩してきた。かつて戦車のテスト走行に使われた道路や、都内では珍しい立ち枯れの池など、ここでしか見られない景観が広がるスポットだ。[…]

ひっそりとたたずむ立ち枯れ

長池公園

京王堀之内か南大沢駅が最寄り。駅からはやや遠い。レトロなレンガ橋がトレードマークの公園。

長池公園の様子

関連記事

2020年11月26日(木)、東京都八王子市にある長池公園を散歩してきた。大正時代築の橋が印象的だった。見所や現地の雰囲気を、動画や写真とともにレポートする。レンガ橋がうつくしい長池公園を散歩【概要】八王子市立の長池公園は、[…]

レンガが美しいアーチ橋

多摩モノレール沿線スポット

せっかくなら、ほかの多摩モノレール沿線スポットも合わせて巡ってみては。

多摩モノレール沿線スポットまとめ

関連記事

北は東大和市にはじまり、立川を経て南の多摩市まで、多摩地区を南北に走る多摩モノレール。その沿線には何があるのか?観光・お散歩スポットについて自分の足と目で確かめてきた場所をまとめた。はじめに結論から言えば、「観光名所」とまで[…]

三井アウトレットパーク 多摩南大沢

意外と都内では珍しい駅近アウトレット施設。お散歩の行き帰りに。

住所・所要時間など

住所
〒206-0033 東京都多摩市落合1丁目14−2

滞在時間
50分

費用
無料

飲食
多摩センター駅周辺にレストランは沢山あるので、食べる所に困ることはないだろう。

HOMEに戻る