九品仏で紅葉狩り。東京離れした絶景に感動した。見頃期も解説【世田谷区観光】

九品仏の紅葉2019

スポンサードサーチ

概要:九品仏、真っ赤な紅葉に囲まれる、東京離れした絶景

2019年12月11日(水)、東京都世田谷区にある九品仏浄真寺(読み方、くほんぶつじょうしんじ)に紅葉狩りに行ってきた。訪れた当日の紅葉状況は木により見頃、木によって若干見頃過ぎだった。もう少し早く来れば良かったかもしれない。

九品仏の紅葉の例年の見頃は11月下旬~12月上旬頃だ。

まずは現地の雰囲気はこちらの動画をどうぞ。

東京のメジャーな紅葉名所といえばどこを思い浮かべるだろうか。高尾山や六義園、神宮外苑などが有名どころだろう。

それらと比べると、メジャー度という点では、九品仏は一歩どころか二歩も三歩も譲るかもしれない。旅行会社の東京紅葉ランキング特集などを見ていても、九品仏がトップ3に入っているのを見たことがない。

しかし、個人的に九品仏の紅葉の景観は、都内では他の紅葉スポットの追随を許さない。少なくとも、社寺仏閣の紅葉名所では断トツ一番の絶景だと思う。

紅葉の密度・発色ともに申し分ないのはもちろんのこと、23区のお寺とは思えないほど、いくつも立ち並ぶお堂。さらに、お地蔵様や石塔、石庭、池など、紅葉が映える場面が目白押し。ついつい写真をたくさん撮り過ぎてしまう。

遠く京都まで旅に出なくても、東京の世田谷区でこんな眺めに出会えるのだ。

ただ、この景色のおかげで、平日でもかなりの人出となる。休日はさらにすごい混雑となるだろう。そこだけが難点と言えば難点だが、駅からものすごく近いため、人が多いのも仕方ない。混雑ぶりも含めて京都っぽさを味わえる、ということで…。



詳細:九品仏の紅葉狩りの様子を詳しくレポ!

最寄りの九品仏駅から歩いてすぐ

東急大井町線の九品仏駅を出て、左へ少し進むとすぐに浄真寺参道の案内が見えてくる。駅から大変近いことも魅力の一つなのだが、そのため人が大挙して押し寄せることになる。

お寺の周囲は民家に囲まれるが、世田谷の閑静な住宅街なので、都心の紅葉名所にあるような、建物が目に入って紅葉の景観・雰囲気が台無し…というようなことはほとんどない。

総門に到着。立派な門の奥には、早くも燃えるような赤色がチラリとのぞいている。九品仏の正式名称は「九品山唯在念佛院淨眞寺」であり、創建は江戸初期にさかのぼる古刹である。九躰の阿弥陀佛像が安置されているから「九品仏」。

猫がお出迎え。

門をくぐった瞬間から紅葉が楽しめ、ため息が漏れそうになる。境内は23区のお寺としては広いのだが、くまなく紅葉が植えられているため、どこを歩いても紅葉狩りが楽しめる。それでは、九品仏の紅葉狩りの見所を見て行こう。

通路と紅葉

九品仏では細めの通路が整然と整備されていて、その両側にこれでもかとモミジが植えられている。

そのため、写真を撮っていると、なかなか前に進むことができないほどだ。

石仏・石塔と紅葉

境内にはたくさんの石仏、石塔などが置かれる。

紅葉とのマッチが素晴らしい。

可愛らしいお地蔵様と紅葉。

石塔をのぞくと、中でモミジが一休みしていた。誰かが置いたのだろうか。

お堂と紅葉

お堂と紅葉、それこそ九品仏の紅葉の真骨頂と言える。境内にたくさんあるお堂と紅葉は、これぞ「日本の秋」という風情だ。

真新しいお堂と紅葉。このお堂も、時の流れとともに味わい深くなっていくのだろう。

重厚で大きな仁王門と紅葉。はいここ、世田谷区です。京都や鎌倉じゃありません。

鐘楼と紅葉。

三つ並んだお堂と紅葉。ここまで整然と大きなお堂が並ぶお寺というのは、23区では珍しい。

一際大きな本堂と紅葉。

本堂からの眺め

お賽銭を入れ本堂に上がると、そこからの眺めがまた絶景である。

この石庭の眺めを前に、ボキャブラリーを思わず失う。ひたすら「綺麗だなァ」と繰り返すばかり。

石庭と反対側の池の眺めもなかなかのものだ。

本堂の中には立派な金色の仏像が安置されている。こちらも紅葉に負けず劣らずとても見ごたえがある。

まとめ

お見事!と言わずにはいられない九品仏の紅葉。これだけ素晴らしい景観なのに、拝観料をとらないというのは凄い。

この季節だけ拝観料がかかると言われても、誰も文句は言うまい。多摩地区など遠方の都民でも十分に見に来る価値のある紅葉である。



スポンサードサーチ

周辺スポット

等々力渓谷

大井町線でわずか二駅先の等々力渓谷と等々力不動尊。こちらもなかなか壮観な紅葉狩りができる。「今年の紅葉狩りは近場で…」という場合、九品仏と等々力不動尊を巡れば間違いない。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

概要:等々力渓谷は紅葉時期こそベストシーズン。見頃期も解説 2019年12月11日(水)、東京都世田谷区にある等々力渓谷、等々力不動尊に紅葉狩りに行ってきた。訪れた当日の紅葉状況は見頃だった。 等々力渓谷・等々力不動尊の紅葉の例年の[…]

等々力渓谷の紅葉2019

東京の紅葉番付ランキング【合わせて読みたい】

東京紅葉名所と穴場 東京の紅葉スポットについて、名所から穴場まで、独断と偏見で格付けしてみました。

東京の紅葉ランキングはコチラ

関連記事

東京都内の紅葉の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。 例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。 基本的に「関脇」以上のランクは、多少家から遠くても訪れる価値アリだと思ったスポ[…]

東京紅葉名所と穴場

スポンサードサーチ

アクセス・所要時間など

住所
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7丁目41-3

アクセス
東急大井町線「九品仏」下車 徒歩3分

滞在時間
1時間

費用
拝観料はかからないが、本堂の中を参拝する場合はお賽銭をお忘れなく。

飲食
自由が丘なら徒歩圏内。二子玉川駅も東急大井町線ですぐ。それらの駅周辺ならば商業施設や店舗が多いため、飲食には困らないだろう。

地図

HOMEに戻る

九品仏の紅葉2019
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!