小宮公園は野鳥が歌い木道が続く超さわやか公園だった【東京・八王子市】

新緑の中に敷かれた曲がりくねった明るい木道

2019年5月27日(月)、東京都八王子市にある都立小宮公園(読み方 こみやこうえん)を散歩してきた。

この日は5月にも関わらず30℃を超える真夏日。緑の多い公園とは言え、さすがに都内では暑くて歩くのも途中で嫌にかるかも…と思いながら行ってみた。

野鳥がさえずり、都内とは思えない長い木道が続く公園の様子をレポートする。

小宮公園は野鳥が歌い木道が続く超さわやか公園だった

中心部に湧き水のある雑木林が主体の公園は、夏日であってもそれなりに心地良く散策できた。もちろん、本当の信州高原のような涼しさではない。ただ、木陰が多いため、歩いても汗だくにはならなかった。

新緑の木々がたくさん並ぶ

どことなく高尾山を思わせる雰囲気だが、小宮公園の最大の見どころは長い木道だろう。美しい野鳥のさえずりを聴きながらの木道ハイキングは爽やかだ。

どうだろう。イケメン仮面ライダーくらい爽やかな光景である。ここ、信州じゃなくて八王子市である。東京都内でここまで長い木道を筆者は知らない。おまけに、単純な一本道ではなく、複数のコースがあって行き帰りで飽きないのも好感が持てる。

目の前から伸びる木道

また、小宮公園は加住丘陵(かすみきゅうりょう)に位置するため、辿り着くためにはそれなりに坂を上る必要があるが、いったん公園に入れば、大汗をかくようなアップダウンは少ない。暑い日には登ったり下りたりを繰り返したくはないものだ。

左手に大きな木が立つ草原

さらに、丘の上に位置すること、市街地から離れていること、そして木々が多いことが幸いして、園内中心部に行けば人工の建築物が目に入ることが少ないのも良い。

T字になった木道

難点は駅から遠いこと。公園までの道のりはシンプルではあるが、30分ほど歩く必要がある。道中は普通の歩道のため直射日光がキツイ。日差しを避けるなら八王子駅から公園近くまでバスを利用する手もある。



小宮公園お散歩の様子【八王子駅からの徒歩での行き方も解説】

それでは、野鳥さえずる小宮公園の散歩の様子を、もっと詳しく見ていこう。

八王子駅から歩いて行く

アクセス自体は単純だ。最寄り駅である八王子駅の北口を出る。空中デッキが整備され、立川駅前の雰囲気に似ている。

八王子駅前のデッキから大きな駅ビルを眺める

駅からまっすぐ伸びている桑並木通り。小宮公園の場所としては、この通りをまっすぐ進めばOK。よく見ると、はるか彼方に公園の緑がこんもりと見えている。

デッキから見下ろした大きな道路

アクセスは単純だが…容易ではない。なぜなら30分ほど歩くことになるからだ。途中で渡る橋からの浅川の眺め。写真では分かりにくいが、川底の小石もハッキリと確認できる綺麗な川だ。

大きく澄んだ川

やがて公園へと至る階段が現れる。

木々の茂みの中へと消える階段

階段のあとも坂が続く。夏日には少々こたえるものがある。実は公園に着くまでが難所だ。

民家の並ぶ坂

ようやく公園入口に到着。

入口の中は木々でいっぱい

入口より来た道を振り返る。この通り、小宮公園の周囲は住宅が立ち並ぶ。

民家が隣接した入口

サービスセンターで園内地図を入手すべし!

一歩足を踏み入れれば雑木林が広がっている。

入口すぐの様子。明るい林

公園入口から左手に行くとサービスセンターがあるので、事務所前に置かれた園内マップを貰っておくのが良い。園内は道が複雑に分岐している。マップを見ながら歩いたほうが無難だ。

木木に囲まれたサービスセンター

最高地点でも標高150mほどの木道プチハイキング

木道が敷かれている「かわせみの小道」ルートを目指して散歩開始。少し奥に行くだけで民家などは気にならなくなる。

雑木林の土の道を歩く

木道に到着。

じぐざくに蛇行する木道

木漏れ日の当たるウッドデッキが爽やかな雰囲気を醸し出している。

腰掛がいくつも並んだ明るいウッドデッキ

弁天池。そこまで透明でもなく、感嘆するようなものではない。

赤い祠がひっそりと立つ池

それよりも小宮公園と言えば木道だ。

木道の十字路

木道脇には、今にも枯れそうなくらい細い流れが続く。ちなみに小宮公園は東京都が指定する「東京の名湧水57選」の一つに選ばれている。

木道の脇を流れる小さなせせらぎ

木道の分かれ道。一本道ではないのが楽しい。

二手に分かれた木道

道の名前が書かれた案内板。園内各所に設置されているので、園内マップと照らし合わせながら進めば現在位置がよく把握できる。

道の名前が書かれた木製の道案内

雑木林が主体の公園だが、最北部には草地が広がっている。

木々がぽつぽつ立っている草地

草地広場側にも出入口がある。

細い道路から草地広場を眺めた様子

こちらの出入口前は民家ではなく広い畑だ。反対側も一歩外に出れば民家だらけかと思っていたので少し意外。

道路の向こう側には耕された畑

草地広場の木の下の机。ここでピクニック気分で弁当を食べても気持ちよさそう。

木陰になっている草地広場のテーブル

さらに草地広場を歩く。

草地広場の中を続く小道

真新しい木道。整備中なのだろうか。

草地の中にある真新しい木製の緩やかな階段

裏手には学校が見えてきた。子供たちには自然に囲まれた良い環境だ。

公園裏の道路に面した中学校校舎

南の方を眺める。歩いてきた雑木林が広がっている。

草地の奥に雑木林

再び雑木林に戻り、木道を散歩する。こちらも新しい感じの木道だ。ほんのり木の香りがして気分が良い。

白っぽく明るい木道

野鳥の綺麗なさえずりも聞こえ、たっぷり森林浴を楽しむことができる。

ぐるりと漢字の口の字のようになった木道
くの字に曲がった木道

腰かけて休憩する人々。野鳥の歌声をBGMに食べる弁当は格別だろう。

木道の脇のベンチで休憩する人々

曲がりくねった木道は歩くだけでワクワクするものだ。

木の柵で囲われたデッキ
かたかなのトのように分かれた木道

木道を抜けて、出口へと向かって歩く。

まっすぐ続く土の道

小宮公園の隣には小さな花畑が

サービスセンターの近くから園外に出る。

テーブルと椅子の後ろには畑と民家

公園に隣接して、規模は小さいながらハーブガーデンがあった。

黄色や淡い紫の小さな花々が咲く畑

ガーデン内を散歩できるが、日差しが厳しい。

赤、オレンジ、紫、白の小さな花の咲く小道を歩く
紫の花の群落
紫の花が円状に植えられ、周囲に小道が整備されている

遠くの方に市街地のマンション群が見える。ここが小高い丘の上にあることが分かる。

花畑越しに八王子市街が小さく見える

園内では日差しから守ってくれた木々も、一歩外に出れば無くなる。帰路の暑さに辟易としながら、八王子駅まで戻るのであった。



東京都内の自然が多い森林浴スポットまとめ【合わせて読みたい】

緑地や公園など、東京都内で気軽に森林浴ができるスポットをまとめた。

都内の自然が多いスポットまとめ

関連記事

「東京都内で日帰りで自然の中を散歩したい」 「混雑を避けて自然の中をデートしたい」 「23区に緑の多い場所なんてあるの?」 「あまり都心から遠いのは行くのが面倒」 そんな貴方へ。 「え?東京ってショッピングスポットしか無い[…]

アクセス・駐車場・所要時間など

●住所
・弁天池駐車場 八王子市大谷町
・サービスセンター前駐車場 八王子市暁町2丁目41

●アクセス
・JR中央線「八王子」下車 北口より徒歩30分
・JR中央線「八王子」または京王線「京王八王子」下車 西東京バス
ひよどり山トンネル経由の各バス、バイパス経由宇津木台行き、
八王子郵便局経由中野団地行き
いずれも「八王子郵便局前」下車 徒歩10分

●駐車場
あり。ただし台数は少なく、施設側も公共交通機関を推奨している。

●歩行時間(施設見学時間含む)
約2時間20分

●費用
無料

●飲食
八王子駅周辺ならばレストランに困ることはない。JR八王子駅直結の商業施設もある。なお、公園の近くには飲食店がほとんどない。

また、弁当を持ち込んで園内で食べるのも気持ちが良い。

●地図

HOMEに戻る

新緑の中に敷かれた曲がりくねった明るい木道
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!