しょうぶ沼公園は菖蒲園まで駅から徒歩0分!見頃期と開花状況も報告【東京・足立区】

しょうぶ沼公園

2019年6月12日(水)、東京都足立区にある「しょうぶ沼公園」に菖蒲を見に行ってきた。

例年の見頃期や開花状況とともに、現地の様子をレポートする。

例年の見頃期

しょうぶ沼公園の菖蒲の数は、およそ8,100株であり、例年の見頃は6月上旬~中旬頃だ。

開花状況

2019年6月12日(水)、訪れた当日の開花状況は満開で見頃だった。

しょうぶ沼公園は駅から徒歩0分の菖蒲園

駅から徒歩0分!などと不動産屋のキャッチコピーみたいだが、ホントに徒歩0分で到着する笑っちゃうくらい駅近な菖蒲の名所だ。

しょうぶ沼公園は菖蒲田だけではなく、運動場やちょっとした遊具、木々もあり、全体的にはよくある近所の自然が多めの公園といった印象だ。

また、公園の周囲はマンションに囲まれ、菖蒲田を離れて園内を散歩するとホームレスの方の家(矛盾した表現だ)があったりと、正直あまり風情は感じられない

しかし、菖蒲の数で言えば、東村山市の北山公園や葛飾区の堀切菖蒲園などと同等以上で、都内の菖蒲名所としては花の数は多い。ただ、園内は小さく、散歩は瞬時に終了する。

そこで水元公園の出番である。電車やバスを使えば、これまた菖蒲の名所・水元公園はそう遠くない。合わせたコース設定をしてみるのも良いだろう。( 水元公園の記事はコチラ )

水元公園の菖蒲

また、しょうぶ沼公園では菖蒲シーズンに合わせて祭りが開かれる。祭りを狙って来れば、菖蒲鑑賞に加えて祭りを楽しむこともできるだろう。だが、2019年で言えば祭り期間は6月1日・2日のたったの2日間。見逃さないよう5月下旬くらいからホームページ情報をこまめにチェックしたい。



しょうぶ沼公園の様子を詳しくレポ!

それでは、見頃を迎えたしょうぶ沼公園の菖蒲園の様子をもっと詳しく見ていこう。

アクセスは簡単も何も、駅を出ると目の前がしょうぶ沼公園。千代田線の終点、北綾瀬駅で下車し、電車に乗ってきた方向にある改札、つまり南改札から出ると、

すぐさま到着。さすがに駅を出て1分かからない花名所というのは、あまり見聞きしたことがない

3連の水車が涼しげに回る。

菖蒲田の中に円形に木々が植えられた空間が見える。行ってみよう。

ここから更に奥には

菖蒲田が続く。かつて、この一帯には野生のハナショウブが沢山咲いていたそうで、そうした背景にちなんで今のしょうぶ沼公園が整備されたようだ。

右手には藤棚が設けられており、

左手には小高い丘がある。上に登ってみると、

東屋がある。

丘から見下ろした菖蒲園の様子。

丘から菖蒲園とは反対方向を見ると、普通の道路となっている。

園内には木道が整備されており、

まさかこんな駅近立地で木道散歩ができるとは思ってもみなかった。

菖蒲園とその脇の藤棚を通り過ぎ、公園の奥へと向かう。

振り返って、公園奥から菖蒲田を眺める。

公園奥には規模は小さいが遊具広場があり、近所の子供たちが楽しそうに遊んでいる。

藤棚の裏側へと回ってみる。藤棚の向こうに見えるのが菖蒲田。そして藤棚をはさんで菖蒲田の反対側には、

ちょっとした林が広がっており、更に先に進むと、

人工のせせらぎや運動場がある。更に進むと、

噴水の止まった噴水広場。寂れた公園ムードがほのかに漂っており、菖蒲目的のマダム達はほぼこちらのゾーンには足を運んでいない模様。

せっかくの敷地が何だかもったいない…せめてせせらぎに沿ってアジサイを沢山植えれば…とも思うが、区の無料施設なので多くは望むまい。

公園をこのまま突っ切って千代田線に沿って歩くと、大きな道路に出る。環七通りだ。ここまで来ても、飲食店などはあまり多くはない。

特に他に見るものもなく、足早にしょうぶ沼公園を後にするのであった。



東京の菖蒲番付ランキング【合わせて読みたい】

菖蒲名所

東京の花菖蒲の名所、穴場を独断と偏見で格付けしてみました。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

東京都内の花菖蒲の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。 例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。 また、それぞれのスポットについて、詳細のリンクを貼っておくので、気になった場[…]

菖蒲名所

アクセス・所要時間など

●アクセス
千代田線「北綾瀬」下車 5番出口より徒歩すぐ

●歩行時間(施設見学時間含む)
約35分

●費用
無料

●飲食
藤棚の下なら日差しを避けつつ弁当を食べられる。祭り期間中ならともかく、そうでなければ外食は他の場所でと割り切るのも一つの手だ。何しろ駅前のスポットなので、すぐに電車で他の場所に出られる。

●地図

HOMEに戻る

しょうぶ沼公園
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!