小石川植物園「紅葉のトンネル」を訪ねて。見頃期と紅葉情報も解説【東京・文京区】

2020年12月18日、東京都文京区にある小石川植物園に紅葉を見に行ってきた。

例年の見頃期や、都内でも珍しい「紅葉のトンネル」など現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。

スポンサードサーチ

小石川植物園「紅葉のトンネル」を訪ねて【概要】

ご覧ください、この見事な「紅葉のトンネル」を。都内でこの景観を持つ紅葉スポットは珍しい

小石川植物園の紅葉の数は正確なところは分からないが、都内の名所と比べて特別に多いわけではない。

しかし、紅葉の景観の素晴らしさを決める要因として、「紅葉の数」よりも「紅葉の密集度」のほうが重要だと考える。

その観点で見ると、小石川植物園のイロハモミジは木々が一か所に集められており、さらに整然と2列で並んでいる。

そのため、密集感のある紅葉のトンネルを実現している。

イロハモミジのトンネル以外でも、晩秋の園内を歩くのは心地よい。

「ゆったりとした自然のなかを散歩したい…」そんなとき、23区内において小石川植物園は最有力候補の一つだ。

ちなみに、小石川植物園はメジャーな小石川後楽園とは別の施設。ともに文京区にあるが、徒歩20分以上離れた距離にある。訪問の際にはお間違いなく。

現地の雰囲気はこちらの動画もどうぞ。

紅葉情報と例年の見頃期

例年の見頃は11月下旬~12月上旬頃だ。

2021年12月18日、訪れた当日の開花状況は完全に見頃期は過ぎ、だいぶ散った状況だった。来るのが遅かった…。それでも、日に透かせばキレイに見られた。

公式HPトップページの「開花・紅葉状況」の横にある「すべての開花・紅葉状況」をクリックすると、紅葉状況が掲載されている事がある。

ただし、「紅葉の名所」で売っている施設ではないので、そこまで高頻度で紅葉情報を発信されているわけではない。

おまけに穴場的スポットで訪れる人も少なめ。なので、Twitterなどでもそこまで情報が出回らない。

遠方でどうしても見頃を外したくない、という方は、事前に電話で紅葉状況を確認してから行かれると良いだろう。



スポンサードサーチ

小石川植物園の紅葉の様子をもっと詳しく【詳細】

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

イロハモミジのトンネル

小石川植物園の紅葉狩りの最大の見どころ。同園は広大なので、事前に場所を押さえておきたい。場所は「公開温室の目の前」と覚えると分かりやすい。

もみじのトンネルの横は、ちょっとした広場になっている。

トンネルを外から眺める。順光で撮ると、くすんだ色が強調されてしまう…。次は見頃バッチリの時に再訪したい。

まぁ、見頃を過ぎたとはいえ、こうして日の光に透かしてみれば「そこそこ見られる」状態ではある。

何より、散り積もったモミジのじゅうたんの上を歩くことができるのは、見頃過ぎの時期ならでは

その他園内の紅葉

イロハモミジのトンネル以外でも、園内では随所で紅葉が見られる。そこまで派手さや規模は無い紅葉だが、豊かな自然とあいまって味わい深い景観をおりなす。

日本庭園と紅葉は実によく合う。紅葉の盛りは過ぎているが、それでもキレイだ。

落ち葉に彩られた小道。

園内には、立派なイチョウの木もいくつか点在する。

イチョウの葉もだいぶ落葉が進んでいたが、

半端ない積雪量(?)のイチョウの葉っぱの上をモフモフ歩けたので良しとしよう。

鮮やかなオレンジ色の紅葉。

水辺と紅葉。

陽の光に照らされひときわ目立つ紅葉。黄・赤・黄緑のグラデーションがとても美しい。モミジかなぁと思い近づいてみると…

ん?下に落ちている葉っぱは、赤ちゃんの手のひらのような「いわゆるモミジ」の形ではない。ふつうの葉っぱの形をしている。いったい何の木だろう?

正解は「メグスリノキ」といい、葉の形からは想像しにくいが、カエデ属の植物。どおりでキレイに色づいているわけだ。煎じると目に良いという古来の民間療法が名前の由来だそう。

水元公園の規模感には遠く及ばないが、非常に背の高いメタセコイアの紅葉も見られる。

紅葉以外の見どころ

園内の全体的な見どころは以下の記事も参照されたい。

小石川植物園の見どころはコチラ

関連記事

東京都文京区にある小石川植物園(読み方:こいしかわしょくぶつえん)。有名な日本庭園小石川「後楽園」とは別の施設だ。23区有数の自然ゆたかな本スポット。何があるのか、たっぷりの写真とともに現地の様子をレポートする。見どころ① 歴史[…]



周辺スポット

下記スポットにも合わせて行ってみては。

茗荷谷駅・護国寺駅界隈

周辺スポットをまとめました。

護国寺駅・茗荷谷駅散歩の詳細はコチラ

関連記事

護国寺駅と茗荷谷(読み方、みょうがだに)駅周辺を散歩してみた。ともに幹線道路から路地に入ると、まさにザ・閑静な住宅街といった雰囲気で、落ち着いた街だった。現地の雰囲気を、たっぷりの写真とともにレポートする。護国寺駅・茗荷[…]

スポンサードサーチ

東京の紅葉番付ランキング【合わせて読みたい】

東京紅葉名所と穴場 東京の紅葉スポットについて、名所から穴場まで、独断と偏見で格付けしてみました。

東京の紅葉ランキングはコチラ

関連記事

東京都内の紅葉の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。基本的に「関脇」以上のランクは、多少家から遠くても訪れる価値アリだと思ったスポ[…]

東京紅葉名所と穴場

アクセス・所要時間など

住所
〒112-0001 東京都文京区白山3丁目7番1号

アクセス
都営地下鉄三田線「白山」下車 A1出口より徒歩約10分
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」下車 出入口1より徒歩約15分

滞在時間
60分
紅葉を見ながら園内を大きく一周して

費用
有料

地図

HOMEに戻る