肥後細川庭園の紅葉が「無料でいいの?」状態だった【東京・文京区】

2020年12月8日、東京都文京区にある肥後細川庭園に紅葉狩りに行ってきた。

区立の施設なので入園無料。なのに、とても美しい庭園だった。

紅葉状況や例年の見頃時期、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。

スポンサードサーチ

肥後細川庭園の紅葉が「無料でいいの?」状態だった【概要】

園内にある、大正時代のレトロな建物から眺める日本庭園の紅葉風景。都内において、建物の2階から日本庭園を見おろせるスポットはかなり珍しい。

正直、六義園や浜離宮恩賜庭園など、メジャーどころの都立庭園と比べれば、決して広くはない。

それでも、「無料のわりには広いし、想像してたよりずっとキレイ」というのが率直な感想だ。

徒歩圏内には同じく無料の庭園、甘泉園、早稲田大学の大隈庭園がある。それらの紅葉狩りと合わせてもいいし、

都電荒川線の1日乗車券を買ってチンチン電車の旅につなげてもいい。12月頭くらいまでなら沿線の秋バラが残っている可能性があるし、沿線の名主の滝公園の紅葉もなかなか。(後述)

ということで、景観の綺麗さや周辺スポットの充実度などを考えると、肥後細川庭園は都内の紅葉の穴場のなかでもオススメ。

現地の雰囲気はこちらの動画もどうぞ。

紅葉状況や例年の見頃時期

2020年12月8日、訪れた当日の紅葉状況は、ピークは少し過ぎた感はあるもまだ見頃だった。

例年の見頃時期は、11月最終週~12月第一週だ。

紅葉状況については公式HP内にある「ブログ」コーナーで発信される場合もあるが、発信頻度はそこまで多くはない。

TwitterやYahoo!リアルタイム検索なども使って、最新情報を収集してからお出かけしたい。

スポンサードサーチ

2020年はライトアップ中止

例年、紅葉の見頃にあわせて11月下旬~12月はじめくらいにかけて、ライトアップイベント「ひごあかり」が実施される。(ライトアップ時間帯については有料となる)

だが、2020年はコロナ対策のため中止となってしまった。

ライトアップ時に再訪したい。



肥後細川庭園の様子をもっと詳しく【詳細】

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

紅葉の庭園を歩く

まず門の雰囲気からしてイイ。

入口の「肥後細川庭園」の看板の書体もシャレオツです。細川家18代目当主の細川護熙元首相が書かれたのでしょうか。んなわけないか。

江戸時代の前期より肥後国熊本藩を統治した細川家。この一帯は、幕末から戦後にかけて存在したその屋敷の跡である。

そんな歴史的背景もあり肥後細川庭園という名がついているが、平成29年までは「新江戸川公園」という名前だった。

うむ、「肥後細川庭園」のほうがシックリきますな。

小さな滝と紅葉。

紅葉の本数としては、特別に多いスポットではない。

周囲は住宅街で、遠くにはビルやマンションもガッツリと見える環境ではある。

ただ、幹線道路沿いじゃないので騒々しさがないのは良い。鏡のような水面に映りこむ雪つりや紅葉が美しい。

モミジの中には、かなり大きくて立派なものも。

目白台の台地を活かした庭園だけあって、園内には起伏がある。

庭園北部は丘のようになっていて、木々で覆われている。

雑木林エリアでは紅葉はほとんど見られない。ただ、木々の間から庭園を見おろすことができる。

ツワブキだろうか。

丘を登りきると、永青文庫(えいせいぶんこ)がある。細川家に代々伝わる文化財などを保存・公開している施設だ。(別途入館料がかかる)

レトロな松聲閣から眺める庭園

庭園内にある松聲閣(しょうせいかく)…フリガナがなければまず読めないコチラは、大正時代の建物。修復・補強のうえ平成28年にリニューアルオープン。

なので、レトロな雰囲気はありつつも、古臭さはまったく感じない。

建物に映り込む紅葉がいい感じです。

さっそく入ってみましょう。

細川家の学問所として、また、一時は住居として使われていたというが…2階建ての建物に、広々とした部屋がいくつもある。

高級旅館かよ!これが住まいだったというから、さすが細川家。(現在は当時の姿ではなく、リニューアル後の姿ですが)

2階に上がってみます。

冒頭でも述べたとおり、2階から日本庭園を眺める機会はあまりないので新鮮。

こんな景観まで拝めて無料というのは、さすが殿!太っ腹である。

春には桜も咲く

春になると桜も咲く。

しかし、ご覧のとおり、庭園内の桜の本数は少なめだ。

景観の見事さで言えば、秋の紅葉には及ばない印象。

ただ、庭園に隣接する目白台運動公園や、

神田川の桜並木でもお花見ができる。合わせて散策されるとよいだろう。

この界隈でもっとも見ごたえのある桜スポット・神田川の見頃時期が3月最終週~4月第一週くらい。そのタイミングに合わせるが吉。



スポンサードサーチ

周辺スポット

下記スポットにも合わせて行ってみては。

甘泉園公園

甘泉園の紅葉

徒歩圏内にある小さな日本庭園。こちらにも雪吊り、池、紅葉の風景が広がる。入園無料。

甘泉園公園の紅葉の詳細はコチラ

関連記事

2020年12月8日、東京都新宿区にある甘泉園公園に紅葉狩りに行ってきた。新宿区では珍しい「日本庭園の紅葉」を楽しめた。紅葉状況や例年の見頃時期、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。甘泉園公園の紅葉[…]

甘泉園の紅葉

大隈庭園

早稲田大学にある庭園。規模は小さいが、大隈講堂と紅葉のツーショットを見られる。

大隈庭園の紅葉の詳細はコチラ

関連記事

2020年12月8日、東京都新宿区にある大隈庭園に紅葉狩りに行ってきた。「都の西北」早稲田大学のシンボルである大隈講堂とモミジのコラボを見ることができた。現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。大隈庭園[…]

荒川線沿線散歩

沿線沿いに沢山のバラが植えられている。紅葉シーズンには見頃は過ぎてしまっているが、少し残っているかも。

荒川線のバラの詳細はコチラ

関連記事

2019年5月10日(金)、都電荒川線(東京さくらトラム)に乗ってきた。目当ては春バラ。荒川線沿線に約13,000株のバラが植えられているという。見頃期や開花状況、とくに見ごたえのある場所など、現地の様子をレポートする。見頃期荒[…]

三ノ輪橋駅でバラに囲まれた荒川線

名主の滝公園

荒川線の王子駅前停車場から徒歩10分ほどのところにある。落差8mの滝や園内に植えられた約100本のモミジが見どころだ。

名主の滝公園の紅葉の詳細はコチラ

関連記事

概要:名主の滝公園で紅葉狩り。落差8mの滝や川に紅葉がよく合う2019年12月9日(月)、東京都北区にある名主の滝公園(読み方、なぬしのたきこうえん)に紅葉狩りに行ってきた。訪れた当日の紅葉状況は見頃だった。名主の滝公園のモミジ[…]

名主の滝公園の紅葉

東京の紅葉番付ランキング【合わせて読みたい】

東京紅葉名所と穴場 東京の紅葉スポットについて、名所から穴場まで、独断と偏見で格付けしてみました。

東京の紅葉ランキングはコチラ

関連記事

東京都内の紅葉の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。基本的に「関脇」以上のランクは、多少家から遠くても訪れる価値アリだと思ったスポ[…]

東京紅葉名所と穴場

スポンサードサーチ

東京都内のレトロ風景まとめ【合わせて読みたい】

23区部から多摩地区まで、都内に残るレトロスポットをまとめました。

東京都内のレトロスポットまとめ

関連記事

東京都内に残る、レトロ建築や街並みを実際に巡った様子をレポートする。ちなみに私、東京チカーバ編集長がとくに個人的にオススメするスポットは下記。 世田谷線沿線 江戸東京たてもの園 青梅駅~御嶽駅界隈 大沢の[…]

アクセス・所要時間など

住所
〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-22

アクセス

  • 有楽町線「江戸川橋」下車 徒歩15分
  • 東西線「早稲田」下車 徒歩15分
  • 荒川線「早稲田」下車 徒歩5分

滞在時間
45分

費用
無料
※夜間ライトアップ時は有料。敷地内の永青文庫は有料。

地図

HOMEに戻る