目白庭園の紅葉|小さな庭園だが「凝縮感」がスゴイ【東京・豊島区】

目白庭園の紅葉

2020年12月8日、東京都豊島区にある目白庭園に紅葉狩りに行ってきた。

小さな庭園ながら、写真映えする要素が多い紅葉の穴場だった。

例年の見頃期や紅葉状況、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。

スポンサードサーチ

目白庭園の紅葉、小さいけど凝縮感がすごかった件【概要】

目白庭園は、その名のとおりJR目白駅ちかくの閑静な住宅街にある庭園である。

それこそ、10分20分で回りきれる小さな庭園だ。

しかし、この雪吊りや紅葉に彩られた景観にをご覧あれ。小さな庭園だからこそ、紅葉や添景物がギュッと凝縮したような眺めとなる。

紅葉の赤が映える滝まである。

鮮やかな鯉。

そして、何といっても豊島区立の庭園なので、入園料は無料である。

池袋も近いので、なにかのついでにサクッと気軽に立ち寄れる紅葉スポットだ。

また、例年、見頃時期に合わせて夜間ライトアップも実施されている。次回は夜間にぜひ再訪したい。(ライトアップ時間は入園料がかかる)

現地の雰囲気はこちらの動画もどうぞ。

紅葉状況・例年の見頃期

2021年12月8日、訪れた当日の開花状況は見頃のピークはやや過ぎた状態だった。

例年の見頃は11月20日前後~12月頭頃にピークが来ることが多い。

公式には紅葉状況は発信されていない。11月中旬に入ったら、Twitter等で情報収集をしたい。



スポンサードサーチ

目白庭園の紅葉の様子をもっと詳しく【詳細】

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

住宅街に突如としてあらわれる漆喰塗りの白壁がまぶしい長屋門。

さっそく入ってみよう。

入ったとたん、すぐさま紅葉がお出迎え。

入ってすぐに目に入る建物は、木造瓦葺き平屋建ての数寄屋建築「赤鳥庵」。有料で茶道など会合に利用できる。

右手に進むと、すぐにクライマックスな景観。池の周りに園路を配置した、池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園だ。

日本庭園としては新しく、平成2年(1990)にオープン。

池の透明度はわりと高く、底が見える。

赤鳥庵の建物下部には、ベンチが置かれている。

こちらの東屋のような休憩スペースは、「六角浮き見堂」という。

その名のとおり、池の上へ張り出して「浮いている」ような建物だ。紅葉の風景にアクセントを添える。

春にはカルガモの親子が見られることで有名。

いかにも日本庭園といった添景物。写真の枚数が増えます。

園内の奥にある滝。この滝と紅葉の風景だけでも、見に来た甲斐があるというもの。

その高さは4mもあり、毎分3トンもの水が流れている。

庭園は小さいが、園内には高低差がある。色々なアングルから紅葉狩りできるのがいい。

ススキが風に揺れる。

高台からは、ダイヤゲート池袋やサンシャインシティの高層ビルも見える。



周辺スポット

下記も合わせてお散歩してみては。

おとめ山公園

紅葉の数は少ないが、新宿区という立地なのに、起伏のある雑木林のなかを歩ける。

おとめ山公園の紅葉

関連記事

2020年12月8日、東京都新宿区にあるおとめ山公園に紅葉狩りに行ってきた。新宿区にありながら、秋の森林浴+紅葉狩りを楽しめた。紅葉状況や例年の見頃期、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。おとめ山公[…]

スポンサードサーチ

東京の紅葉番付ランキング【合わせて読みたい】

東京紅葉名所と穴場 東京の紅葉スポットについて、名所から穴場まで、独断と偏見で格付けしてみました。

東京の紅葉ランキングはコチラ

関連記事

東京都内の紅葉の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。基本的に「関脇」以上のランクは、多少家から遠くても訪れる価値アリだと思ったスポ[…]

東京紅葉名所と穴場

アクセス・所要時間など

住所
〒171-0031 東京都豊島区目白3-20-18

アクセス

  • JR「目白駅」下車 徒歩約 5分
  • JR「池袋駅下車 徒歩約15分

滞在時間
20分

費用
無料
※ライトアップ時は有料

地図

HOMEに戻る