目黒天空庭園|入り方ふくめ都心のラピュタをレポする【東京・目黒区】

ベンチもある草木のはえた庭園の遠方には都心のビル群。空は雲の多い青空

2019年5月30日(木)、東京都目黒区にある東京のラピュタこと(本当か?)目黒天空庭園を散歩してきた。

入り方ふくめて、現地の様子をレポートする。

ちなみに、ラピュタと言っても龍の巣とかをくぐり抜ける必要はないのでご安心を。

なお、本スポットだけでは速攻で散歩が終わるだろう。なので、本記事の終わりのほうで、周辺スポットについても紹介する。合わせて参照されたい。

目黒天空庭園は首都高の上に浮かぶ都心のラピュタ。

ファンタジックな名前の目黒天空庭園は、平成25年(2013年)に開園した歴史の若い庭園だ。

首都高大橋ジャンクションの屋上に周囲400mのドーナツ状にデザインされた庭園で、当然ながら本当に天空に浮かんでいるわけではない。散策中はあまりその形状を意識できないが、ネットで航空写真を見ると確かにドーナツのような形をしている。

高速道路上に庭園を整備するという先進的な取り組みが評価され、グッドデザイン賞や国土交通大臣賞など様々な賞を受賞している。確かに高速道路が目前に迫る庭園というのは他には無い景色だ。

また、高速道路に囲まれた都会にありながら、静かに散歩すると蝶やキジバトなどの生き物が見られ、都会の中にいながら少しだけ自然を感じられる。

とは言え、目黒天空庭園のためだけに遠方から来るような規模の施設ではない。30分前後で散歩は終わる。

ネタ的にデートで来るか、桜の季節に目黒川を散歩したついでに訪れるくらいで丁度良い。

なお、木陰はほぼ無いので、日差しの強い日、雨の日はオススメできない。

また、遊具の類は一切ない。近隣の方がピクニックで来る分には良いが、遠くから子連れで来ても子供が遊べる要素はあまりない。



目黒天空庭園の散歩の様子を詳しくレポ!入り方も解説するよ

それでは、目黒天空庭園の様子をもっと詳しく見ていこう。

入り方【徒歩・電車利用】

最寄り駅である、東急田園都市線の池尻大橋駅東口を出たら右方向へ。首都高に沿って歩く。

100mちょっと進めば目黒川にぶつかる。この川を越えれば目黒天空庭園はすぐそこだ。行き方自体は駅近でカンタンだが、入り方がやや分かりにくい。

目黒川沿いの道を見ると巨大な円柱のような建物が見える。これが目黒天空庭園だ。入口は複数あり、目黒川沿いからでも道路側からでも入れる。

目黒川沿いの場合、川沿いを歩いて行けばこのように階段がある。ここが出入口だ。小さい階段なので見落とし注意。

庭園に入る前に周囲を見てみよう。上に首都高が走る大きな道路をはさんだ向こう側から眺める。ローマのコロッセオを想わせる巨大な円柱の形をしている。

近くの歩道橋からの眺め。左に見えるのが庭園。なぜここに庭園をつくろうと思ったのだろうか。

歩道橋に上って歩いて行くと、そのまま庭園入口に到着する。先ほどの目黒川沿いの入口といい、初見だと入り方が分かりにくいが、この円形の建物の周りをウロついてれば入口にたどり着ける。入場料はかからない。

目黒天空庭園内を散歩

一度庭園に足を踏み入れるとあまり高速道路は見えず、いたって普通の庭園の景色が広がる。

なんと畑まである。ちなみに、この屋上庭園の設計者は㈱創建と(一財) 日本緑化センター。

数は少ないがベンチもあるので、弁当を食べることもできる。

さすが目黒区、巨大なタワーマンションがそこかしこに立ち並ぶ。

花には名札が書かれていた。

ドーナツ状の庭園の小径を進む。なお、冒頭述べたように、特徴的な庭園の形状は、歩いているとあまり実感できない。

芝生広場もあった。

こういった風景を切り取ると、ここが高速道路の上とは思えない。

そうは言っても、意図的に写真の構図を気にしない限りビル群が目に入り、立地上クルマの往来の音も激しい。庭園とはいえ風情を期待するのは酷だ。

園内は高低差が設けられているため、来た道を少し見下ろす形となる。が、御覧のとおりそこまで高さを感じることがなく、あまり展望は良くない。

【オーパス夢ひろば】中心にある運動場

庭園途中にエレベーターがある。

エレベーターで1階に降りると、巨大な壁に囲まれた「オーパス夢ひろば」という広場がある。ドーナツの中心はスポーツコートだったわけだ。

【タワーマンションの庭?】庭園の終着点にあるもの

ぐるりと庭園を回った終着点は高級賃貸タワーマンション。物理的にも金銭的にも相当お高いマンション、その入口がなぜか庭園側にもある。マンション住民にとっては、ここはさながら自分の庭か。



周辺スポット

東急世田谷線の沿線散歩

池尻大橋駅の隣の三軒茶屋駅からは、都内では珍しい路面電車・世田谷線に乗れる。のんびりと沿線散歩につなげても。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

都内では珍しい路面電車、東急世田谷線の沿線スポットを色々と観光、散歩してきたので、感想とともにレポートする。 概要:東急世田谷線の沿線観光・散歩スポットまとめ 東急世田谷線とは 世田谷区東部を縦断する路線で、終点の下高井戸から[…]

世田谷線招き猫デザイン

東京の穴場散歩スポット【合わせて読みたい】

目黒天空庭園並みに穴場でマイナーなお散歩スポット大集合!東京都内の静かな散歩コースのご参考に。

東京の穴場散歩スポット

関連記事

東京ってどこも人多すぎで嫌 有名どころは避けて静かに散歩したいんだけど… 近場で人が密集しないお散歩コースないかな… そんな貴方に贈る、東京の穴場散歩スポットのコーナー! さっそく行ってみよう。 ※新た[…]

アクセス・所要時間・駐車場など

●アクセス
東急田園都市線「池尻大橋」下車 東口より徒歩3分

●歩行時間(施設見学時間含む)
約40分
※周囲をウロウロしたので40分かかっているが、庭園自体の散策はすぐに終わる。

●駐車場
庭園専用の駐車場は無いが、敷地内に駐車場はある。

●費用
無料

●飲食
園内でお弁当を食べても良いが、都心なので他の駅に出て飲食すれば良いだろう。なお、目黒天空庭園の周辺は、飲食店は多くはない。電車でお隣の三軒茶屋まで出ればレストランの選択肢には困らないと思われる。

●地図

HOMEに戻る

ベンチもある草木のはえた庭園の遠方には都心のビル群。空は雲の多い青空
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!