小岩菖蒲園は広い空に菖蒲が映える。見頃期と開花状況も解説【東京・江戸川区】

小岩菖蒲園と京成本線

2019年6月19日(水)、東京都江戸川区にある小岩菖蒲園に行ってきた。

例年の見頃

小岩菖蒲園の菖蒲の数は、およそ9,000株であり、例年の見頃は6月上旬~中旬頃だ。

開花状況

2019年6月19日(水)、訪れた当日の開花状況は満開だった。

小岩菖蒲園は河川敷だから空が広い!

9,000株というのは、都内の菖蒲の名所としてはトップクラスの規模だろう。

金八先生が出てきそうな河川敷に面した菖蒲園だからこそ出せる、この解放感。菖蒲園も空も、ただただ広い。

小岩菖蒲園全景

目の前を走る京成本線と菖蒲とのツーショットを楽しんだり、

菖蒲園の向こうに見える鉄橋

そこまで多くはないが、意外と咲いているアジサイを楽しんだりと、ゆったり散歩できる。

菖蒲園の周りの通路に咲くピンクのアジサイ

ただ、河川敷といっても、菖蒲園からは江戸川の流れは見えなかった。相当な横幅のある河川敷で、菖蒲園から川までの距離があるからだろう。

だだっ広い草地の上に空が広がる

ハッキリいって菖蒲と少々のアジサイを除いて、他には何も無い場所だ。が、これだけの景観を駅近&無料で拝めるのは大変有難いことだ。

菖蒲園の中を蛇行する小径

また、京成本線に乗れば堀切菖蒲園もすぐだ。小岩菖蒲園と合わせたコースを設定すれば、「もう今年は菖蒲はお腹一杯」というくらい、たっぷりと菖蒲を堪能できるだろう。



小岩菖蒲園の様子を詳しくレポ!

それでは、見頃を迎えた小岩菖蒲園のしょうぶの様子をもっと詳しく見ていこう。

アクセスは簡単。京成本線の江戸川駅の改札を出たら右へ。

江戸川駅の改札

駅前の様子。お店は少なそうだ。

江戸川駅前の様子

駅を出て右手に出たら、すぐさま右に曲がってあとはまっすぐ進むだけ。土手の階段を登れば、

江戸川に続く道、先には土手が見える

左手にはすでに小岩菖蒲園が見えている。ちなみに右に見えている鉄橋は京成本線だ。

土手の上から見た菖蒲園

草地を歩いて菖蒲園へ近づくと、

広い草地

半円状に植えられたアジサイが出迎えてくれる。

半円状に植えられたアジサイ

アジサイの奥に小岩菖蒲園の看板が見える。

草地にピンクのアジサイ

小岩菖蒲園の前までやって来た。駅から5分たらず。

小岩菖蒲園の入口

菖蒲園の前はこのように草地が広がっている。

河川敷の草地より京成本線の鉄橋を眺める

さっそく菖蒲園を散歩してみよう。

小岩菖蒲園入ってすぐ

小岩菖蒲園に入って思うのが、菖蒲の密度が高いということだ。

たくさんの菖蒲が咲き、木々がポツリと立つ

広さの割に園内を縫う散策路が少なめに感じるのだが、それによって本数も多さも手伝って、花菖蒲の「びっしり」感が凄いことになっている。

菖蒲園の奥の東屋の向こうに鉄橋が見える

まさに菖蒲の海、といった感がある。

びっしりと咲く小岩菖蒲園の菖蒲
大きくカーブする園路

そして何といっても、京成本線とのツーショット。

菖蒲園と京成本線を撮影する女性

味わいのある情景だ。

ただ、園内には東屋があるにはあるが、河川敷だけに太陽から身を隠す場所がほとんど存在しない。日が差すと焼け付くようだ。

菖蒲園内の東屋とベンチ

園の周りにはひっそりとアジサイが咲いている。

アジサイ咲く園外周部の奥に見える広大な草地

まぁ、穴場だの名所だのといった規模感ではない。あくまで主役の菖蒲に文字通り花を添える程度だ。

左手に菖蒲、右手にアジサイの咲く園外周部

さらに外周部の紫陽花のさらに外側へと目を向ければ、

青いアジサイの向こうにグラウンドが見える

だだっ広い江戸川グラウンドが広がっている。

見渡す限りのグラウンド

23区内とは思えない広大な「何もない」空間が広がる。これだけ土地があるなら少しくらい分けて欲しい。いや、大雨のときに氾濫した川に飲まれそうで怖いか。

園の角に小さな池がある。

菖蒲園の角にある小さな池

歩いていたらだいぶ暑くなってきた。こんなときに駅近立地は非常に助かる。体力的に辛くなってきたら早々に退散できるからだ。

蓮が浮かんだ小さな池

それにしても、無料の菖蒲園と言い、アイスやらかき氷やらちょっと売ればバカ売れしそうなものをそれもせず、江戸川区・葛飾区は商売っ気があまり無いのだろうか。さすが下町気質、キップがいい(のか?)



東京の菖蒲番付ランキング【合わせて読みたい】

菖蒲名所

東京の花菖蒲の名所、穴場を独断と偏見で格付けしてみました。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

東京都内の花菖蒲の名所や穴場について、自分で行ってみたスポットを独断と偏見で勝手にランキング。 例年の見頃期も交えつつ、独断と偏見でレビューしていく。 また、それぞれのスポットについて、詳細のリンクを貼っておくので、気になった場[…]

菖蒲名所

アクセス・所要時間など

●住所
〒133-0051 東京都江戸川区北小岩4丁目

●アクセス
京成本線「江戸川」下車 徒歩5分

●歩行時間(施設見学時間含む)
約30分

●費用
無料

●飲食
付近に飲食店はほとんど無い。外食するならば、駅も近いことだし、他の駅に出て食べるのが良いだろう。

●地図

HOMEに戻る

小岩菖蒲園と京成本線
東京チカーバ最新情報はTwitterをフォロー!