玉林寺|枯山水と達磨大師の巨像がある、個性的なお寺【東京・あきる野市】

玉林寺の枯山水

東京都あきる野市にある玉林寺にお参りしてきた。

見事な枯山水や、日本一と称する巨大な達磨大師の立像が鎮座するお寺だった。

現地の雰囲気を、動画や写真とともにレポートする。

スポンサードサーチ

玉林寺|枯山水と達磨大師の巨像のあるお寺を訪ねて【概要】

秋川に近い閑静な住宅街の中に玉林寺はある。

都内では珍しい、美しい枯山水が整備されている

また身の丈6m、重さ33トンで日本一という達磨大師の巨大な石像が鎮座している。

この二つを拝むだけでも、はるばる都内の遠くからお参りするに値する…と言いたい所だが、境内はそこまで広くはなく、アッという間に拝観終了する。

そこで、武蔵五日市駅周辺のウォーキングをメイン目的にすればいい。駅から少し足を伸ばせば、里山と秋川の自然ゆたかな景観が広がる。

広徳寺に向かう途中の畑の広がる景色

武蔵五日市駅周辺のほかのお散歩・観光スポットについては、追って別記事にまとめるので参考にされたい。

現地の雰囲気はこちらの動画もどうぞ。

詳しくは以下にて。

玉林寺の様子をもっと詳しく【詳細】

JR五日市線の終点、武蔵五日市駅。山に囲まれたのどかな雰囲気。秋川渓谷も歩いてすぐだ。

駅から歩くこと20分弱。道路の左手(秋川寄り)は地形が一段下がっている。で、玉林寺のお堂とお墓を、遠くに見下ろす格好となる。さっそく降りてみよう。

到着。周りは住宅街で、とても静か。1339年の創建。

入り口には、達磨大師の小さな石像がある。

仁王様だろうか。ピカピカで威風堂々たる姿。

門をくぐり進む。

鐘楼。

ほどなく右手に立派な本堂が。

本堂の向かいに枯山水がある。

美しい曲線で、水の動きが表現されている。

まずは、色々な角度から全体的に眺めてみる。

つぎに、細部を切り取って眺めてみよう。ほかに参拝客はおらず、静かな時が流れる。

境内には、個性的な石仏がいくつか並んでいる。

さいごに、達磨大師の立像を拝もう。ちょっと分かりにくい場所にある。

本堂の裏の斜面地は、墓地になっている。そして、その最上部に達磨大師立像がある

引きで撮るとその大きさが分かりやすいと思うが、周りはお墓。なので、見上げた様子をご覧あれ。

足元の砂利とくらべて、その大きさが分かるだろうか。いや…伝わりにくいな…ぜひ、実物をお参りされてみては。



スポンサードサーチ

周辺スポット

以下も合わせて行ってみては。

五日市郷土館

古民家もある郷土資料館。玉林寺からは歩いてすぐ。

東京都内の枯山水スポットまとめ【合わせて読みたい】

都内の枯山水をいろいろと巡ったので、合わせてどうぞ。

\ 詳しくはコチラ /

関連記事

京都の古刹のような見事な枯山水。実は、よくよく探せば、都内にも見られる場所がいくつもあった。私、東京チカーバ編集長が実際に巡った枯山水・石庭について、23区と多摩地区に分けてレポートする。東京都内の枯山水・石庭【23区編】さ[…]

スポンサードサーチ

アクセス・所要時間など

住所
〒190-0164 東京都あきる野市五日市926

アクセス
JR五日市線「武蔵五日市」下車 徒歩20分弱

滞在時間
15分

費用
無料

飲食
駅前ふくめて周辺に飲食店は少ない。目星をつけて、事前に営業確認をしておくのが無難。

地図

HOMEに戻る