汐入公園の遊具場がまるでRPGの城だった。場所も解説【東京・荒川区】

2019年9月、コロナ禍の前、東京都荒川区にある都立汐入公園に子供と行ってきた。

結論から言えば、複合遊具は都内では類を見ないユニークな形状だが、半日以上遊べる規模かと問われると厳しい。

そういった意味では、遠方からココ目的ではるばる訪ねるようなスポットではないかも。

ただ、年に一度、すぐ近くで幻の貨物列車専用駅が公開される。(後述。2021年度はコロナ対策で中止)

鉄道好きキッズの親御さんならば、貨物駅の公開タイミングついでに遊ぶならアリだろう。

現地の様子をレポートする。

スポンサードサーチ

汐入公園の複合遊具

何はともあれ、コチラをご覧いただきたい。RPGに出てくる門にしか見えない件。

無理やり通ろうとするとイベント戦がはじまる的な…

シルエットの威圧感がなんともファンタジー。

この塔とも門ともつかない奇妙な形の複合遊具、正式名称は「ツインタワー」というらしい。

「門」をくぐった先は円形の広場のようになっていて、

円の外周にロープやボルダリング、簡単なアスレチックなど、体幹を鍛えられそうなギミックが並んでいる。

タワー上部に登ると、高所をグルリと一周できる足場が用意されている。

上に登るにはロープをガシガシ登るか、

階段でも上まで行けるので親御さんも安心。「ママパパも上まで来て!」とか言われて、ロープしか上がる手段がないとキツイですからね。

塔とスカイツリー。

総評として、「近所にあったら相当うれしい」レベルの遊具だが、「自宅から1時間~かけてでも来たい」レベルとまではいかないかも

鉄道フェスタついでに遊んで、帰りは三ノ輪橋まで歩いて都電荒川線で帰る…といった内容なら、鉄分濃いめなキッズも喜ぶだろう。

幼児用の遊具

複合遊具の目の前には、幼児向けのやさしい遊具が並ぶ。

小さなアスレチックロープも。まぁ、幼児用遊具に珍しいものはなかった。

スポンサードサーチ

井戸

せっかくなので、遊具以外にも見てみよう。

井戸があった。

噴水

まだ9月の暑い時期だったので、噴水がチョロチョロと。光のスピードで吸い込まれていく息子氏。やめてくれ、着替え無いんだから…

スポンサードサーチ

芝生

全体的に芝生や広場の多い、ゆったりとした公園だ。駆けっこやかくれんぼが捗りそうではある。

繰り返すが、近所にあったら親としてかなり嬉しい公園なのは間違いない。



隅田川駅の貨物フェスティバル【合わせて読みたい】

電車好きのお子様ならば、コチラがメイン目的だろう。このついでに汐入公園でチョロッと遊ぶのが◎

隅田川駅の詳細はコチラ

関連記事

概要:隅田川駅の貨物の祭典「貨物フェスティバル2019」は大混雑!2019年9月29日(日)、東京都荒川区の貨物フェスティバルに子供と行ってきた。結論としては、子連れとしては「鉄道が大好きな子供なら行けば?」という感想。[…]

隅田駅貨物フェスティバル2019

スポンサードサーチ

アクセス・駐車場・遊具の場所・所要時間など

住所
荒川区南千住八丁目

アクセス
JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住」下車 徒歩12分

駐車場
専用有料駐車場がある

遊具の場所

公園は「けやき通り」で南北に分断されている。遊具広場は北部にある。

電車利用の場合、南千住駅からだと公園南部から入ることになるので、

公園の南北をつなぐ「さくら橋」をわたって公園北部にアクセスする。

巨大なスロープ状のバリアフリーな橋だ。隅田川沿いのゆったりした公園だけあって、空間の使い方が大胆だ。

南千住駅から遊具場までは徒歩20分ほど。

滞在時間
2時間くらいは遊べるのでは。半日は飽きるかも。

費用
無料

HOMEに戻る