羽根木公園の梅林は23区随一!見頃期や開花状況も解説【東京・世田谷区】

2021年2月16日(火)、東京都世田谷区にある羽根木公園に梅を見に行ってきた。

例年の見頃期や開花状況、梅林がどこにあるか、現地の雰囲気を、動画やたっぷりの写真とともにレポートする。

スポンサードサーチ

羽根木公園の梅林は23区随一!見頃期や開花状況も解説【概要】

とにかく沢山の梅の木に囲まれたい!そんな場合、多摩地区なら郷土の森や高尾梅郷といった名所がある。

しかし、23区の梅の名所は多くても100本~300本クラスの場所がほとんどで、「多くの梅の木々に囲まれる」という感じにはなりにくい。

その点、羽根木公園には白梅約380本、紅梅約270本、合わせて約650本の梅がある。23区に限って言えば、他の追随を許さない規模の梅園である。

とは言え、23区民でもちょっと遠いお住まいの方にとっては、ココだけのために来ると時間を持て余すかも。

なので、近くを走る東急世田谷線沿線の散歩も合わせるといい。詳しくは後述する。

現地の様子はこちらの動画をどうぞ。

2021年はコロナ対策で世田谷梅まつり中止

例年は以下のようなイベントがあるが、コロナ対策のため、2020年に続き2021年も祭りは中止となった。

  • 1日に3000~4000個売れる梅大福をはじめとした模擬店や売店
  • 梅をはじめとした植木・園芸市
  • 世田谷区と相互協力協定をむすぶ群馬県川場村の物産展
  • カラオケ・舞踊・落語などの特設ステージ

来年は復活するといいなぁ…

スポンサードサーチ

開花状況

2021年2月16日(火)、訪れた当日の開花状況は5分咲き前後だった。

「せたがや梅まつり」公式HPにて最新の開花状況がこまめに更新されているので、お出かけの前にはチェックしておきたい。

例年の見頃期

数だけではなく梅の種類も60種と多いため、梅の開花時期は12月中旬~3月上旬とされる。

ただ、例年の見頃のピークとしては2月下旬~3月第一週くらいだ。

スポンサードサーチ

梅林はどこにある?

羽根木公園は丘のような地形にある公園であり、梅園はその南の端っこあたり。地図で言うとココ。なので、一番ちかいのは小田急線の梅ヶ丘駅だ。



羽根木公園の梅の様子をもっと詳しく【詳細】

それでは、現地の様子をもっと詳しく見ていこう。

羽根木の梅林の歴史

23区随一の規模をほこる梅林だが、意外と新しい。

  • 1967年、当時の世田谷区議55名が当選記念に55本の梅を植樹
  • 1971年、東京100周年記念で230本の梅を植樹
  • 1972年、世田谷区制40周年で100本の梅を植樹

その後、1978年より梅祭りがはじまり、祭りや世田谷区の周年記念など、区切り区切りで梅の記念植樹が順次おこなわれ、今では23区屈指の梅の名所となった。

梅園の様子

23区ではズバ抜けた本数の梅とあって、梅林には散策路が複雑に巡らされており、

たくさんの梅の木々に囲まれつつ散策することが出来る。

梅園らしく、句碑や周年記念の石碑などが点在する。

広いとは言っても、郷土の森や高尾梅郷のような広がりはなく、周辺には住宅街が広がる。単に梅林を歩くだけなら、そこまで長時間かかるわけではない。

丘の斜面地にかけて梅園が広がるが、傾斜は比較的なだらか。また、木々の間隔も比較的ゆったりとした印象。

そのため、池上梅園のような急斜面にビッシリと梅が並ぶような華やかさとはまた異なる。

梅林の西の端に「星辰堂」という茶室がある。

無料の休憩スペースがあるが、茶「屋」ではなく茶「室」なので、スイーツやら何やらが頂けるという場所ではない。

メジロ発見。

梅以外の園内の様子

梅林の前には広場があり、近所の園児たちが遊んでいる。

そのほか、野球場、健康器具コーナー、変わった所ではこども達が泥まみれになったり工作したりと自由に遊べる「プレーパーク」もある。

ということで、背の高い木々も見られるものの、梅林以外については近隣住民の方の憩いの場といった印象で、わざわざ遠方からお散歩目的で訪ねるスポットではなさそうだ。

梅園以外にも梅があった

梅園のある南側とは反対側、公園の北端、駐車場近くにも数は少ないながら梅があった。

写真右の梅は花びらが散り、下には花の絨毯が出来ているのに対し、左の木はまだまだ蕾状態。このように、羽根木公園の梅は種類が多いため、そのすべてが一斉に満開・見頃を迎えるわけではない。



スポンサードサーチ

世田谷線沿線散歩【合わせて読みたい】

上述のとおり、羽根木公園は梅園をのぞけば「ご近所の方のお散歩コース&遊び場」といった感じ。

なので、梅を見終わったら世田谷線沿線の散歩に繋げるのもいい。都内では珍しい路面電車に揺られながらノンビリとお散歩できる。

世田谷線沿線スポットまとめ

関連記事

都内では珍しい路面電車、東急世田谷線の沿線スポットを色々と観光、散歩してきたので、感想とともにレポートする。概要:東急世田谷線の沿線観光・散歩スポットまとめ東急世田谷線とは世田谷区東部を縦断する路線で、終点の下高井戸から[…]

世田谷線招き猫デザイン

アクセス・所要時間など

住所
世田谷区立羽根木公園 世田谷区代田4丁目38番52号

アクセス
●小田急線「梅ヶ丘」下車 徒歩5分
●井の頭線「東松原」下車 徒歩7分
●小田急線「世田谷代田」下車 徒歩10分

滞在時間
約1時間
※花の鑑賞時間含む。

費用
無料

飲食
周囲は住宅街。外食の場合は場所を変えよう。梅林以外にも座れる場所はたくさんあるので、弁当持参でピクニックにしても。

HOMEに戻る